1958年に離陸して1959年に着陸した飛行機の話

みなさんにとって、「長いフライト」とは、どのくらいですか?ドバイからロサンゼルス、もしくはシドニーからヒューストンなんてどうでしょう?えっ?人生で一番長く感じたフライトは、カンザスからニューヨークの国内旅行だった?いびきをかく男性と、泣き止まない赤ちゃんに挟まれたら、そりゃ短いフライトも、異常に長く感じますよね!実際に世界で最も長かったフライトはなんと・・・64日と22時間なんです!

セスナ172は1958年の12月に離陸して、1959年の2月まで飛び続けました!パイロットは、どのようにして、それほど長く空中に留まる事ができたのか?燃料をどこから集めたのか?何を食べて、どうやって寝たのか?誰もが疑問に思っている事でしょう。

タイムスタンプ:

少し変わった宣伝方法 1:36

51日間、空中に留まる方法 3:20

着陸を決意した理由 4:23

どうやって燃料を手に入れたのか 6:28

何を食べたのか 8:01

どのようにしてトイレに行ったのか 8:40

パイロット二人に取ってのエンターテインメント 10:06

#飛行機 #航空機 #ブライトサイド

セスナ172、ロバート・ティムとジョン・クックによって操縦、マッカラン国際空港にて:ダニエル・ピオトロウォスキーより http://www.airliners.net/photo/Hacienda-Hotel-Las/Cessna-172/1091395/L/, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3941367

アニメーションはブライトサイドにより作成されています。

概要:

―1950年代、ハシエンダの将来の所有者は、ラスベガスで新しくファミリーホテルを建設することを決断。

―ボブ・ティムという名の、スロットマシン整備士は、新しい飛行耐久記録に挑戦する事を決意し、飛行機とお金を必要としていたんです。そこで、ハシエンダのオーナーは、ボブに10万ドルを与えました。そしてお金と引き換えに、ボブは飛行機の側面に「ハシエンダ」と描く事を約束。

―ティムが準備している時、ダラスのパイロット、ジム・ヒースとビル・バックハートが、1949年の46日間という記録を、プラス4日間で破ったという事が分かったんです。だからこそ、最低でも51日間は飛ぶ決意をしました。

―1958年12月4日の午後、ついに彼らは、ラスベガスのマッカラン国際空港を飛び立ちました。問題が発生した時に、すぐ空港に着陸できるよう、最初の数日間は、ラスベガスの空域を飛行していました。

―60日目、エンジンの機能が低下し始めたその時、彼らは命の危険を避けるためにも着陸を決意。1959年の2月7日。結果は、64日、22時間19分、そして距離は240,000kmでした。

―タンクローリは、1日2回余分な燃料を運びました。パイロットは、なるべく地面の近くで、地上を走るトラックと同じ速度を維持しながら慎重に飛行する必要がありました。

―燃料を運んだ、同じサプライトラックが、特別な魔法瓶に食料を入れて食べ物を届けていたんです。

―飛行機の中には髭を剃るための流し台が設置されていて、飛行機の外には特別なプラットフォームが設置されていたので、そこでボトルに入った水を使って体を洗うことができたんです。

―パラパラと読める漫画を持って行ったり、物探しゲームをしたり、物を数えたり。また、ちょっとした運動も機内でやっていたそうですよ。

―安全に着陸した後、ティムはスロットマシンの整備士という仕事に戻り、クックは航空会社のパイロットとして働き続けました。そして、今でも彼らの記録を破った人はいません。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です