沈没する船から助かる唯一の方法

長らく待ったクルーズ旅行。

興奮しすぎて安全の注意を聞き流してしまうと、いざというときに命が守れないかもしれません。

乗っている船が沈没する確率は、限りなく0に近いのが現代。

しかし、いざという時の備えは持っておくべきかもしれません。

そんな沈没事故の際に覚えておくべきポイントをご紹介します!

タイムスタンプ:
初日の訓練には参加しよう0:54
最初にするべきこと 1:49
乗員の指示に従おう 3:05
他人を助けよう 3:43
救命ボートへ急ごう 4:28
船から飛び降りなくてはならないときは…… 6:17
船が沈没する原因 8:02

概要:

-客室に一番近い救命ボートの場所とたどり着き方は覚えておきましょう。悪天候の中でも向かえるようにシミュレーションしてみるといいかもしれません

-とにかく落ち着くこと。パニックに陥る時間はありません。救命胴衣を着用しておくと、あとで役に立ちます

-速やかに安全を確保することが命を守ります。そのためには乗員の指示に従いましょう

-有事の際に落ち着いて行動できる人は全体の35%だという統計が出されています

-まずは最優先事項を考えていきましょう。とにかく救命ボートへ急ぐことです

-周りにボートがない場合は、浮力となるものを探します。浮き輪を見つけたら、水へ投げ入れましょう

-時間がなく、船から飛び降りなくてはならないときは、着水点を見定めます。船の残骸やボート、その他の人の上へ落ちることを避けます

-低温ショックは低体温症よりも恐ろしいもの。自分をしっかりと保ちましょう

-同じ沈み方をする船は2つとありません。事故の原因も様々となります

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です