体形に合ったおすすめワークアウト

皆さんは外胚葉型ですか?それとも、内胚葉型ですか?あ、もしかしてラッキーな中胚葉型?どんな人にも特定の体形というものがあって、自分の体形を知っていることで、夢の体を鍛え上げるときに役立ちます。

例えば、ウサイン・ボルトを見てみましょう。好きなものを食べても、ウエスト周りやお尻に脂肪がつかないラッキーは人たちです。これらの人は、外胚葉型です。それから、内胚葉型(ないはいようけい)です。こちらの体形の人は、一つ目とは真逆です。身長が低くて、ずんぐりしていて、昼食後に頂いたすべての食べ物から増量する傾向にあります。運な中胚葉型です。筋肉と脂肪の完璧なバランスが取れていいて、自分の思い通りに、素早く体を変えられる生まれつきの能力を持っています。 あなたの体形はどれですか?

タイムスタンプ:

外胚葉型(ウサイン・ボルト) 0:54

内胚葉型(ダニー・デヴィート) 1:31

中胚葉型(クリスチャン・ベール) 2:07

外胚葉型 3:08

内胚葉型 5:29

中胚葉型 8:18

#体形 #ワークアウト #ブライトサイド

概要:

-外胚葉型の人は、筋肉量を増やすことが難しく、どれだけ一生懸命運動しても、細いままで、望むように体が大きくなりません。

-内胚葉型の人はスリムダウンするのが難しく、突き出したお腹と広いお尻は、アスリートの道を進むには邪魔になります。この体形には良い点もありますよ。内胚葉型は、生まれつき外胚葉型の人よりも力強く、ボディビルダーやウェイトリフターに向いています。

-中胚葉型は簡単に筋肉量を増やすことが出来、痩せることも造作ありません。しかし、すぐに体重を減らすことが出来るといっても、公園に行って散歩して、足が細くなって帰ってくるということはありません。

-もちろん、これらの3つの体形は絶対的ではなく、自分は中間だ、という人もいらっしゃるでしょう。

-まず初めに、たんぱく質をたくさん取りましょう。タンパク質は、筋肉の積み木のようで、炭水化物と合わせると、筋肉量を増やす助けになってくれます。ここでの問題は、今まで食べている量よりたくさんの量を食べる覚悟をしていなければいけないということです。代謝が他の人よりも良く、精力をつけるためにはより多くの栄養が必要になります。そのため、たんぱく質と炭水化物が豊富な食べ物をたくさん頂きましょう。

-内胚葉型の人は、体重を減らすのに最も苦戦します。ポジディブな面で言えば、何時間もランニングしたり、ルームランナーをしながら自分の汗に溺れたりする必要はありません。上半身を大きくして、洋ナシのような体から脱するためには、まずお腹の脂肪をどうにかすることに集中しましょう。それから集中的なウェイトリフティングを行ってください。

-あなたの体形では、あまり頑張らなくとも大した害もありません。そのため、多くの中胚葉型の人はこの素晴らしい特徴を乱用してしまっています。素晴らしい体形を活かすために、トレーニングを行いませんか。全てを適度に行いつつ、自分への特定の目標を設定してください。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です