30年間飛行機を飛ばしたことがない航空会社

世の中に航空会社がいくつあるかみなさんはご存知ですか?

5000社以上もあるとするソースもありますが、一般的には800社が存在しているとされているようです。

実際の数がいくつであれ、かなりの数があるということになりますね。

そんなたくさんある航空会社の中に、ひときわ珍しい航空会社が存在します。

30年間存続し続けているその航空会社は、今まで一度も飛行機を飛ばしたことがないんです。

アメリカ合衆国のボルティア航空は1989年に乗客に最高品質のサービスを提供するという大きな夢とともに生まれました。

しかし、連邦航空局の試験に落ち続けた会社は、長い間飛行機を飛ばせずにいたんです……

タイムスタンプ:

どうしてこうなった 1:10

そうして残った会社は 3:25
航空関連トリビア
飛行機は雷も平気?4:10
トイレはロックされない 4:33
秘密の仮眠室 4:58
飛行機の寿命は何による? 5:43
飛行機で一番汚い場所 6:38
世界最大の飛行機 7:09
飛行機の最中居眠りをするパイロット 7:24
レーザーポインターと飛行機 8:40
ブラックボックスはブラックではない 8:54
配線が……何キロ分? 9:19

概要:

-新たな会社は複数の航空機を購入する予定であると、多くのメディアは伝えていました

-しかし計画にもかかわらず、会社は37年前のボーイング747を1機購入することができただけでした。その1機の航空機は安全性の問題から、整備工場から飛ぶことはなかったのです

-ボルティア航空の所有者は認可を得る最終段階に入ったと述べています。しかし、そのウェブサイトでは未だに航空券を買うことができません

-現代の航空機は雷に打たれても平気なんです。1960年以来雷による飛行機事故は発生していません

-飛行機のトイレはドアをロックしてもロックがされません。これは安全のために乗務員がいつでもドアを開けられるようにするためなんです

-13時間以上のフライトでは、乗務員は仮眠室を利用することができます

-飛行機は飛ぶたびに圧力の変化を体験します。その回数が期待の寿命に直接影響を与えています

-人の80%は飛ぶのが怖いか、飛ぶ最中に不安を覚えるといわれています

-飛行機で一番汚い場所は、フィッシュかチキンを選んだときに使うアレ

-2017年、イギリスパイロット協会が行った聞き取り調査では43%のパイロットが操縦中に居眠りをしたと答えています

-飛行中に飛行機のドアを開けようとした人はいるにはいます

-ブラックボックスの色は黒ではありません

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です