本当に迷惑!オンライン上で辞めて欲しい事12選

あなたが去年の夏休み何をして遊んだのか、昨日の昼食に何を食べたのか、大好きだった芸能人カップルが別れた時泣いた事さえも私は知っています。20年前にそんな事言われたら「気味が悪い…」と思いますが、ソーシャルネットワーキングの時代である今、これはあまりにも普通な事。ですが、時にはオンラインのマナーをぶち破り、行き過ぎた行為というものもありますよね!

SNSで友達が投稿する写真を見て、うんざりする事はありませんか?現実でも避けたくなる事もあるかもしれません。そしてほとんどの場合、なぜその写真にイライラするのか分かりません!実際には、その友達がオンライン上でのルールを守っていない可能性があります。みなさんも、注意してみてくださいね。

タイムスタンプ:

文章を分割してメールをする 0:35

メッセージの言葉が「よっ」のみ 1:40
グリーティングカードを送りまくる 2:24
投稿の数が異常に多い 3:20
コンサートやイベントのライブストリーミング 4:27
ハッシュタグや絵文字を使いすぎる 5:28
注目を集めるための投稿 6:09
恋愛事情を公開する 6:57
一言ボイスメールを送る 7:28
相手が興味を持っていないイベントに招待する 8:11
了承を得ずに友達をタグ付けする 8:39
見た物すべてをリポストする 9:16

#エチケット #行き過ぎた行為 #ブライトサイド

概要:

―5分間ので42もの通知が来ると、誰もが恐怖を感じる事でしょう。そしてその内容が、友達が昨日似たシルエットの靴を3足買ったというどうでも良い報告…。

―みなさんの周りには、ただ一言「よっ」と送ってくる友達、いませんか?人によっては、相手の反応を待つ事が礼儀だと思っている可能性がありますが、オンラインの世界は現実と違います。

―言われなくても清々しい朝は過ごせるし、週末がどうなるかなんて自分次第。夏休みが楽しいのも間違いなしし、大抵の人はオンラインでグリーティングカードを見つけて一気に36人の友達に送るものなんです。

―新聞記者でない限りは、毎日の投稿も一つに抑えた方が良いかもしれません!

―予定していなかったコンサートに参加した事はありませんか?スナップチャットやインスタグラムでコンサートの始まりから終わりまでライブストリーミングで送ってくる友達、いますよね。

―言葉を解釈するために、視覚的なヒントを与える必要があると勘違いしている人がたくさんいます。多い人だと、単語の後に絵文字を入れる事もあるでしょう。

―辛い思いをするのは誰も一緒。そして中には、自分の困難を投稿する必要性を感じている人がいます。

―恋人とイチャイチャした自撮りを投稿したり、デートに行く度に動画を撮ったり、相手の寝顔を載せるのはさすがにやりすぎ。いや、かなりやりすぎですよ!

―人によっては、ボイスメールを嫌う事があります。職場にいる時や家族と一緒にいる、また食事をしている時にボイスメールが送られてきても、その場で聞く事ができません。

―「このコメントに友達二人をタグ付けして日焼け止めを当てよう!」なんて投稿にタグ付けされて嬉しい人なんてほとんどいません。

―何か興奮する写真や投稿があった時、友達に共有したくなる気持ちも分かります。でも、だからと言って友達は毎日17枚の子犬の写真を見たり、「あなたの性格を家具に例えると?」なんて終わりのないクイズも受けたくないはず。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です