自宅でWi-Fiの速度を上げる8つの方法

ネット環境の悪さにイライラした経験がないという方はぜひ手を上げてください。
こう言った問題は、時にはルーターの設定から始まり提供する企業のサービスの悪さが原因ということもあります。しかし多くの場合、Wi-Fi通信の悪環境は誰の家にもある何かしらの物や家具が、パソコンやルーターに近い場所に置かれているということが原因だったりすんです。

自宅のWi-Fi接続の環境によってあなたの1日が無事終わるか無駄になる。それは冷蔵庫からクリスマスのライトまで様々な物が接続に悪影響を与えてしまうから起こるんです。今回ご紹介する7つのコネクションキラーたちをぜひご覧ください!

タイムスタンプ:
電子レンジ 0:42

ドローンやほかのリモコン式のおもちゃ 2:23
祝日を祝うイルミネーションライト 2:52
冷蔵庫 3:30
鏡 4:05
レンガと石の壁 4:39
金属製の家具や金属に覆われた道具 5:32

簡単で間違いなく役立つヒント
-ワイヤレスルーターのファームウェアをアップデート 6:25
-ルーターを置く正しい場所 7:25
-周波数を確認する 8:09
-Wi-Fiエクステンダーの入手 8:37

#wi-fi #インターネット #ブライトサイド

概要:
-Wi-Fiの信号と電子レンジは2.4GHzという同じ周波数で作動しています。全ての電子レンジには放射線を漏らさないよう適切な処理が施されていますが、実際のところ電磁波や無線周波数の通信妨害を起こすくらいには漏れてしまっているのです。

-ドローンなどのリモコン式の多くのおもちゃもまた2.4GHzの周波数を使用しています。全ての製品が通信障害の原因になるわけではありませんが、よりパワフルで長距離を移動するタイプはその原因となります。

-クリスマスツリーを飾ったり、楽しいパーティにするために部屋中に取り付ける電飾の光が、あなたが何時間もかけて作り出したパーティーソング用のプレイリストを再生できない理由かもしれません!

-全般的に、パイプがあって水を循環させるタイプの家電は、Wi-Fiの信号に良い影響を与えないんです。というのも、水にはワイヤレス通信のエネルギーを保持してしまうという特徴があるため、接続を乱してしまうんです。

-鏡の反射が、ルーターの信号もまた反射させてしまうんです。その結果、それが一種のシールドのような役割になってしまい、信号の行き先を歪めてしまいます。

-これはちょっと修正が難しいものですね。あなたの家やアパートの壁がレンガか石でできていた場合、それが原因の可能性があります。

-金属製の家具や棚などはWi-Fi環境に悪影響を与えてしまいます。金属は導電体なので電気を吸収してしまうのです。当然ながらWi-Fiの信号は無線であり電磁波ですね。

-ルーターのアップデートを時々行うのは大事なことです。

-ルーターを部屋のどこに置くかというのは通信の質に多大な影響を与えます。オープンエリアに置くのが理想的です。

-ほとんどのルーターでは管理者による設定で変更することができるんです。デュアルバンドルーターを使用している場合、5GHzなど他の周波数がオフになっているかもしれません。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です