子どもをくすぐってはいけない科学的理由

皆さんはくすぐられるのはお好きですか?あまり好きではない人の方が多いのではないでしょうか。

くすぐる行為は一見無害なようで、子どもの発達上、信頼にまつわる問題をいろいろと引き起こすのだと言われています。

それは一体どういうことなのでしょうか?

子どもの頃にくすぐられた経験がある人は、それがごく当たり前の行為だと考えてしまいがちです。

しかし、その昔はシートベルトを締めない行為も当たり前のことでした。

子どもをくすぐってはならない科学的な理由をご紹介します。

タイムスタンプ:

くすぐるという行為は一方的 0:24

「やめて!」と言いづらい状況 1:32

くすぐられて笑う行為は笑いではない 2:24

くすぐる行為はその昔、自白を強要する拷問だった3:25

大人になったときに人間不信に陥る 4:55

くすぐられることをねだる子ども 5:58

くすぐられることをねだる子ども

それではどうやって遊べばよいのか?

概要:

-くすぐる側の大人は主導権を完全に握っている一方で、子どもは逃げられなくても逃げられない状況に陥ります

-くすぐられて笑う子どもは言葉を発するどころか、呼吸困難に陥る場合があります

-カリフォルニア大学で1997年に行われた研究では、くすぐられた際に起こる笑いは心からの笑いではなく、反射に近い反応であることがわかりました

-その昔、くすぐる行為は拷問として利用されていました。逃げられない相手を長時間くすぐる行為が行われていたのです

-くすぐられる感覚は痛覚を通じて伝わることが明らかになっています

-育児の専門家パティ・ウィップフラー氏は、子ども時代のトラウマを語るとき、大人たちはくすぐられた経験を頻繁に語るのだとしています

-親にくすぐられることをねだる子どもの中には、それ以外に親にかまってもらう方法を知らないという子どもが存在します

-くすぐる代わりにできるいろいろな遊び方も存在します

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です