科学者も説明できないサイレント・ゾーンの謎

パイロットのフランシスコ・サラビアはメキシコの砂漠地帯を飛行していたある日、航空計器の調子が悪い事に気が付きました。でも、彼が直面していた問題はそれだけではありません。なんと、無線機器も故障していました。混乱したフランシスコは、全く知らない場所に緊急着陸する事にしました。その時彼は、着陸した場所が「サイレント・ゾーン」と呼ばれる事になるなんて、思ってもいなかったでしょう。 そして、この場所はあの有名なバミューダトライアングルと同じくらい謎で溢れているんです。

メキシコのセバージョスから40キロ、そしてテキサス州のエルパソの南640キロの場所にある砂漠に行くことがあったら…注意が必要。ここは、マピミ・サイレント・ゾーンという場所で、すぐに奇妙な事が起こり始めるかもしれません。

音楽:

https://www.epidemicsound.comより

タイムスタンプ:  

ラジオが機能しない領域 0:57

「天」から来た変な三人組 2:18
アーネストとジョセフィーナを救った人とは? 3:19
隕石が落ちる地域 4:38
科学者の考え 5:45
植物や動物は? 6:56

#ミステリー #メキシコ #ブライトサイド

概要:

― 不気味な領域では、他にもまだまだ奇妙な事が起こりました。ラジオ以上に厄介な謎が隠されているんです。例えば、地元の人たちが地域でばったり会うあの変な3人組は一体だれなのか?男性が2人、女性1人の3人組。そして3人とも地域ではあまり見かけない金髪なんです。興味深い事に、人々が見かけるたび彼らは砂漠での旅行に適さない奇妙な格好をしていると言います。

―加えて、サイレント・ゾーンは50キロもある無人地帯として知られていて、そこには隕石が不定期に激突しています。20世紀だけでも、数多くの隕石が落ちてきました。

―1970年7月11日、米国はユタ州グリーンリバーにある空軍基地からアテナ・ロケットを打ち上げました。ロケット弾は、ニューメキシコ州のホワイトサンズ地域のどこかに着陸する予定でしたが、まるで何らかの力によって引っ張られているのかのように、コースから外れてサイレント・ゾーンの中心で墜落したんです。

―でもその途中、探索チームは持っていたコミュニケーションツールが邪魔されているという事に気が付きます。そのため、仕事の調整をする事すら非常に困難でした。

―当然のことながら、科学者たちは何年もの間サイレント・ゾーンで起こった事を解明しようとしてきました。そして、最も可能性の高い結論は、地下深くに堆積した鉱物の影響です。

― 一方、専門家中にはサイレント・ゾーンは地球上の他のどの場所よりも多くの隕石を引き付けている、という考えに反対する者もいます。

―噂は、大げさでばかばかしいと言っている人もいるほど。それでも、懐疑論者でさえ無線通信の喪失や奇妙な信号の改ざんについて否定する事はできません。とは言え、この現象は別の合理的な説明があります。サイレント・ゾーンは山脈に囲まれているので、信号の干渉を引き起こしている可能性があります。

―ひやっとする伝説や噂が例え嘘だったとしても、サイレント・ゾーンは素晴らしい場所です。科学者たちは、その地域の環境は個性的だと言っています。独自の動植物の種を持っているんです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です