ネット広告があなたの心を読む仕組み

あなたがどこへ行っても何をしていても、つきまとってくる広告。

見て見ぬ振りをしても、やっぱり不気味。

銀行の前を通り過ぎたら、いきなり銀行の広告が携帯に現れた?

あなたをつけまわしているのは、一体何者なのでしょうか……?

携帯の位置情報は業者が広告を送信する際に利用されます。

例えば公園を歩いていると、近くの新築マンションの部屋が宣伝されたり、といった具合に。

その他にはどのような方法が使われているのでしょう?

タイムスタンプ:

一体どうして知られたんだ?0:58

文字どおりどこへでも追いかけてくる広告 2:15
スマホよ裏切り者はお前だったのか 3:00
公共のWi-Fiネットワークにはご注意を 3:18
アプリの本当の任務とは 3:45
スマホに会話を聞かれている? 5:18
身を守る方法は? 7:46

概要:

-企業は建物にWi-Fiを設置しており、これが携帯の情報を抜き取ります。あとはその情報をもとに広告が送られてくるというのが一つの仕組みとなっているんです

-この仕組みを導入できるのは大企業に限られています

-一方、位置情報が広告業者に悪用されるケースもあるようです

-アプリは携帯のオフラインデータを収集し、広告業者へとそれを送信します。健康管理アプリなどはその機能を備えていることが多いと言われています

-SNSアプリは携帯のマイクなどにアクセスします。許可をしてしまうと、いつ会話を聞かれているかわからない状態に陥ります

-SNSにはボイスコマンドが密かに設定されており、それによってマイクがオンになる仕組みが組み込まれています

-収集されるデータそのものは無害で、匿名情報として取り扱われます

-広告をブロックしたい人が身を守る方法は複数存在しています。VPNなどはその手段の1つでしょう

-広告を完全にシャットアウトしたい場合は広告をブロックするためのソフトウェアを使用するのもいいかもしれません。

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です