バミューダトライアングルの下に潜む海底都市

ステリーや陰謀論というのは、なかなか面白いものです。それよりも楽しいものといえば、事実を突き止め、証明することですかね。クレイジーな仮説が溢れているものと言えば、バミューダトライアングル。

さて、どの説が本当か嘘か、わかります?

疑問はたくさん存在します。例えば、バミューダトライアングルで起こる消失は、海の渦が原因なのでしょうか?ブルーホールの下には何が潜んでいるのでしょうか?バミューダトライアングルの海底には都市が存在したのでしょうか?

底なしの海と奇妙な渦巻き 0:28

ブルーホールの深みには何が潜んでいるのか? 2:13

バミューダトライアングルの海底都市 3:55

エイリアンだとは言いませんが… 6:17

ハチソン効果 8:54

#バミューダトライアングル #消えた船 #バミューダの神話

概要:

-この諸島の海底は不均等なんです…。普通であれば砂の海底であるはずが、暗い大きな穴が発見されたんです。しかし、渦巻は、ほとんどの場合、大海原ではなく、島の内陸になるブルーホールで起こります。2つ目に、渦が小さなボートを沈めることができたとしても、大きな船にとっては何てことありません。ましては、飛行機などであれば問題ないでしょう。

-バハマの一部であるアンドロス島の地元の人は、民謡の中に、ラスカと呼ばれる、巨大で奇妙なタコのような生き物の伝説を信じています。巨大なタコには目撃情報があり、捕まえられたこともあるんです。ただ、伝説のものほどは大きくありません。

-実際には、これはかなり誇張されているようです。

ガラス製のピラミッドなど存在しません。しかし、さらなる調査により、ビミーニ・ロードの下にある地下の層は、空洞が一切ない、ただの岩盤であるということがわかりました。

-トレジャーハンターのひとりは、幸運にも秘密の地図を発見しました。初の宇宙探索から作成された、60年代の地球の領域を元に作られたものです。この地図では、カリブ海の難破船の座標を明らかにしています。その一つは、難破船としてではなく、「未特定物体」として記載されています。

-バミューダトライアングルの記事の多くは、行方不明の航空機や船から受けた記録を特集していますこの説を押している人の中には、同説と、電磁場が互いに衝突し、様々な妨害を引き起こすということを証明しようとした、ジョゼフ・ハチソンの実験の間に境界線を引いています

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です