飛行機のオートパイロットはどうやって機能しているの?

自動運転車がある現在。ついに、未来がここにありますよね?でも考えてみてください。自動車の「オートパイロット」という未来的な機能が今あるという事は、航空分野は何年も時代を先取りしてきたという事!自動操作、それはどのようにして作られたのか、そしてどのように機能するのか?

飛行機が最初に発明された時、安全に飛行するためにパイロットにはかなりの集中力が必要とされていました。飛行中は常に操縦していなければならなかったのです。飛行距離が長くなり何時間も移動できるようになった時には、パイロットも追いつくのが難しくなってきました。1912年頃、電子を専門とするスペリー社によって最初のオートパイロットが作られました。オートパイロットの歴史は、ここから始まります!

タイムスタンプ:

なぜオートパイロットが発明されたのか 0:34

最初の試み 1:09
すべての旅客機にオートパイロットがある訳ではない 2:05
オートパイロットは一体なんなのか 2:39
オートパイロットの種類 4:40
コントロールシステムについて 5:24
オートパイロットがどのようにして飛行機の翼を水平に保っているのか 8:37
オートパイロットが失敗したらどうなる? 10:32

#オートパイロットの機能方法 #飛行機に関する事実 #ブライトサイド

概要:

―最初の頃、飛行中は常に操縦していなければならなかったのです。飛行距離が長くなり何時間も移動できるようになった時には、パイロットも追いつくのが難しくなってきました。

―1912年頃、電子を専門とするスペリー社によって最初のオートパイロットが作られました。オートパイロットは、パイロットが常に手動で水平に飛行する事なく、コンパス進路を使用して飛行機が真っすぐ飛ぶことを可能にしました。そして技術の進歩と共に、オートパイロットは更に改良されたんです。

―民間郵送用に設計された航空機は、今でも手動で飛んでいます。また、ジェット機の中にはもオートパイロットが搭載されていないものもあるんです。

―オートパイロットの正式名は、オート・フライト・コントロール・システム。そしてこれは、航空機のアビオニクスにおいて重要な役割を果たしています。

―1軸オートパイロットは補助翼をコントロールし翼を水平にする役割を持っています。もう少し高度なシステムとして二軸オートパイロットがあり、これは補助翼と昇降舵の両方をコントロールし水平軸と横軸で平面を水平に保ちます。そして、3個目の種類は三軸オートパイロットと呼ばれていて、方向舵、昇降舵、そして補助翼のすべてをコントロールします。

―パイロットは飛行機に搭乗した時、航空機の高度や方向を維持するなど、飛行中に必要なすべてのコントロールモードの設定をします。そして、スマートな高速プロセッサは飛行機がパイロットの命令に従っているかどうか確かめるために、計算を相互参照するんです

―オートパイロットは、制御システムのほんの一例であり、すべての制御システムと同様に非常によく似た方法で機能します。測定したものに基づいて行動し、その行動は測定した物の数字そのものに影響を与えるんです。

―翼上のジャイロスコープはそれが動いている事を感知するので、自動的にそのデータをオートパイロットコンピューターに送ります。自動操作処置はその情報を処理し、翼が水平ではない事を理解するので行動を取るんです!補助翼をコントロールするサーボ機構にデータを送り、翼が再び水平になるように調整が必要だと伝えます。

―オートパイロットは、フェイルセーフとしてデザインされています。つまり、仮に失敗したとしても飛行機の他の部分にダメージを与える事はないという事。この場合、パイロットは接続を解除してオートパイロットを無効にする必要があります 。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です