中国に特急列車が増えているわけ

世界最大の特急列車ネットワークを持つ国中国。

しかし、一体どうして中国はそれだけのコストを支払ってこのネットワークを建設しようと考えるに至ったのでしょう?

中国では特急列車による移動が飛行機よりも便利だという考え方が広まっているようです。

特急列車で到着する駅はすでに町の中心に位置しているため、その点も有利だと考えられています。

また、列車の座席は飛行機に比べてずっと快適になっています。

その他にもいろいろな理由が目白押し!

ぜひ動画でご覧ください!

タイムスタンプ:

飛行機が最速ではないってどういうこと?0:29

金額の違い 2:10
中国での建設費用が低いわけ3:54
特急システムの将来 5:41
世界最速の特急列車 6:31

概要:

-飛行機での移動はまず空港への移動をし、空港内での移動をするところから始まります。そこまでしても、中国の航空路線は遅延することが多いため、トラブル続きの移動となることでしょう

-北京−香港間の航空券はおよそ五万円。一方特急列車では一万五千円での移動が可能です

-中国では人件費が低く抑えられるため、建設コストは低くなります。また、素材も現地調達することが可能で、地元産業を活性化する効果も期待できます

-近々中国では、海底トンネルを通過する特急路線の建設計画も持ち上がっています

-上海トランスラピッドの最高速度は時速430km。30kmを8分で移動することができます

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です