火山にごみを捨てたらどうなるか

人々は、毎日たくさんのゴミを生み出しており、この処理は深刻な問題となっています。火山は破壊的な力を持っていて、何でも燃やせてしまえるようなんです。人間のゴミ問題に火山を利用できるとしたらどうでしょうか?本当に天然のゴミ処理場になってくれるのでしょうか?

廃棄物で溢れたトラックを溶岩ドームに捨てたら、溶岩が吹き出す巨大な爆発を引き起こし、その後、有害なガスが空気中に広がります。それから、恐ろしい成分が含まれた熱い灰が立ちこめるのです。熱い灰が冷たい空気中に立ち上っていくと、火山のそこら中に雷がおきます。これでは安定したゴミ処理に適した状態とは言えませんよね!

#火山 #もし #ブライトサイド

タイムスタンプ:

様々なタイプの火山 0:37

惑星規模の溢れかえるゴミ 1:51

処理が難しい理由 2:42

適切な火山のタイプを見極める 3:40

実際にゴミを捨てたらどうなるか 5:42

マウナケア・オニズカ・ビジター・インフォメーション・ステーションのプウ・オオ火口付近から撮影したマウナ・ロア山: By Madereugeneandrew – Own work, CC BY-SA 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=40170089

アニメーションはブライトサイド製作です。

概要:

– 1番はじめのものは、噴石丘。反応性が高く、継続的に熱いガスや溶岩を吹き出しています。そして穏やかな火山。それはあまり活動的ではなく、利用することが出来るまでの高さに溶岩が達することがありません。ゴミを捨てるまで近くに人がよることが出来るタイプの火山は、楯状火山と呼ばれています。

– 人類は何百トンものゴミを毎日排出しているため、ごみ処理のプロセスは、安定していないといけません。一年で、この数値は驚きの21.2億トンに及びます。

-プラスチックやゴムに関しては、匂いは問題のほんの一部。焼却されたプラスチックから排出されたガスは、毒性が高く環境に有害なんです。それに、プラスチックの小さな粒子が大気中の水と混ざって、地球に戻ってきます。

-この目的に適するかもしれない唯一の火山のタイプは、楯状火山と呼ばれています。最も有名な楯状火山の例で言えば、ハワイのマウナ・ロア山とマウナ・ケア山。楯状火山によって形成された溶岩のプールは穏やかに見えますが、その裏に大きな脅威を押し込めています。そのため、触れないでおくほうが得策なんです。さらに、溶岩があるとことには、かなり圧力がかかった酸性蒸気が発生します。これは、周りにいる人にとってかなり有害。

-廃棄物で溢れたトラックを溶岩ドームに捨てたら、溶岩が吹き出す巨大な爆発を引き起こし、その後、有害なガスが空気中に広がります。熱い灰が冷たい空気中に立ち上っていくと、火山のそこら中に雷がおきます。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です