かつてない灯台を設計した盲目の男

発明を行い、様々な問題を解決するエンジニア。

彼らの偉業は私たちを見えない場所からも支えてくれています。

中でも多くの人の尊敬を集めたのが、とある盲目のエンジニア。

彼は光によって、多くの船の道を照らしました。

アレクサンダー・ミッチェルは1780年、ダブリンに生まれました。22歳にして彼は全盲となりますが、多くの船を苦しめている海底の砂の問題を聞きつけると、その解決に乗り出しました。

彼は1833年、スクリューパイルを発明する事になるのです。

タイムスタンプ:

ミッチェルの若かりし頃 0:31

人生を謳歌していたミッチェル 1:12

ミッチェルの使命 2:41

天才的な発明 4:34

スクリューパイル式灯台の発明 6:39

発明は大成功 8:38

概要:

-学校へ上がったミッチェルの視力は急速に衰えていきました。22歳で彼は全盲となりました

-目は見えなかったものの、彼はごく普通の生活を送っていました。結婚をし、子どもにも恵まれました

-ミッチェルは多くの船を悩ませている海底の砂の話を聞きつけます

-彼が完全な解決策を発明するのには1年の歳月を必要としましたが、ついにスクリューパイル式灯台が発明されることとなったのです

-彼の発明から5年後、ついにこの灯台は実用化されることとなりました。58歳だったミッチェルは、幾度となく建設現場を視察しました

-彼はこの成功によって、建設業界へと舞い戻りました。20世紀の始まりには、このタイプの灯台が多くの場所に建設されることとなりました

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也 (Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です