グローバル・ティーチャー賞を受賞したタビチ先生が成し遂げた事

みなさんは、お気に入りの先生っていますか?その人は、生徒がテストに合格するためにビシバシするのではなく、個人の成長や、将来成功するように一人一人の生徒をサポートしてくれるような人ではありませんか?最高の教師と呼ばれる人達はそういう人ですよね。今回の動画では、2019年の世界で史上最高の教師をご紹介しますよ。

ピーター・タビチはケニアにある田舎の学校で数学と科学を教えています。タビチ先生が教えているケリコ中学校は、教育が何よりも贅沢だと言われている場所にあります。パソコンの数は学校全体でたったの一台。加えてインターネットも弱いそうです。 しかしなんと、アフリカの途方な村に住んでいる生徒たちは国際化学コンテストに参加し、王立化学会から賞を受けました。そしてこれはすべて、タビチ先生の活力と生徒に対する信頼のおかげなんです。ピーター・タビチはコンピューターや科学図書館、そして生徒と村のための新しいプロジェクトにお金をかけるそうです。

タイムスタンプ:

ピーター・タビチが教師を務めている学校で直面している難題 0:37

彼の生徒は必ず成功する 2:57
努力が報われた時 4:19
100万ドルもらえるグローバル・ティーチャー賞 5:20

プレビュー画像引用元:

2019年3月24日(日曜日)、アラブ首長国連邦ドバイでケニア教師ピーター・タビチ(右)が俳優ヒュー・ジャックマンに見届けられながら100万ドルのグローバル・ティーチャー賞を受賞する:AP/Associated Press/East Newsより、https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/74172612/i/0/t/0

アニメーションはブライトサイドにより作成されています。

サニー・バーキー、GEMS Educationの創立者とアルゼンチン大統領のマウリシオ・マクリ:カサ・ロサダより(アルゼンチン大統領官邸)、CC BY 2.5 ar https://creativecommons.org/licenses/by/2.5/ar/deed.en, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=46511543

アニメーションはブライトサイドにより作成されています。

概要:

―パソコンの数は学校全体でたったの一台。加えてインターネットも弱いそうです。何となく、設備が整っていないというのも想像ができますよね。加えて、先生は人手不足で生徒の人数が多く、なんと58人の生徒に1人の先生しかいません。それとは別に、95%の生徒は非常に貧しい家庭から来ているか、家族すらいない子供たちもいます。

―なんと、アフリカの途方な村に住んでいる生徒たちは国際化学コンテストに参加し、王立化学会から賞を受けました。彼は、子供たちがあらゆる種類のプロジェクトへの参加を促すタレント・クラブを立ち上げたんです。また。生徒たちにさまざまな観点から物事を考えるように教えています。

―タビチ先生の生徒が国際科学フェアに参加し世界的にも認められているのはもちろん、入学者数や大学に進学する卒業生の数が2倍になりました。更には平和クラブを作り学校で代表される7つの部族を一つに結びつけたんです。

―バーキー財団が発表した名高い100万ドルのグローバル・ティーチャー賞を受賞しました。この賞は、年間最優秀教師に授与されるんです。ピーター・タビチはコンピューターや科学図書館、そして生徒と村のための新しいプロジェクトにお金をかけるそうです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です