日本近海の魔のトライアングルの真相を暴け

9隻の船が消息を絶った魔の海域へ派遣された、日本の調査船第五海洋丸。彼らの任務は失敗に終わります。第五海洋丸もまた、その他の船舶と同様に姿を消してしまったのです。

知る人が知るこの事件。果たしてその真相はどうだったのでしょうか?

概要:

-世界には12の危険海域が存在しており、それらはヴァイル・ヴォルテックスと呼ばれています

-バミューダトライアングルとは地球の反対側にあるドラゴントライアングルは、伊豆諸島近海に広がっています

-研究データは不足しており、その正確な位置はわかっていません

-この海域の物語が始まったのは13世紀に起こった元寇の頃でした

-危険な海域の噂は1974年に広く知られるようになり、チャールズ・ベルリッツの著書によって有名なものとなりました

-多くの人が信じたこの噂に対し、ローレンス・クシュは独自の調査を開始します

-日本は火山列島。ほとんどの島はその結果生まれており、その周辺には小さな火口が無数に点在しています

写真:

Japanese training tall ship Kaiwo Maru II off the Port of Yokohama: By baku13 – Own work, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7248752

アニメーション:

Bright Side

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です