ブルース・リーのような美しい腹筋を作るための自宅用エクササイズ5つ

誰もが皆、あの伝説のドラゴン、ブルース・リーを知っていますよね?格闘技の才能は別として、彼の素晴らしい体格は俳優およびファイターとして成功した理由の一つなんです。中でも、石のように硬い腹筋は最も特徴的。彼はここまで綺麗な腹筋を作るために何をしたと思いますか?

ブルース・リーは懸命に訓練を積み重ね、犠牲に満ちた、禁欲的と言っても過言ではないような人生を送ってきました。そんな彼は、5つの簡単なエクササイズを取り入れました。エクササイズの種類ではなく、こなしたトレーニングの数が鍵なんです。時には、カウントが数百、いえいえ、数千にもなったそう。みなさん、やってみたいですか?

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/より  

タイムスタンプ:

ブルース・リーの秘密 0:29

アドバンスト・シットアップ 2:13

アドバンスト・レッグレイズ 3:56

コア・ツイスト 5:15

アドバンスト・フロッグ・キックス 6:12

サイド・ベンド 7:22

より効果を上げる方法 7:59

#シックスパックを手に入れよう #史上最高のエクササイズ #ブライトサイド

概要:

―ブルース・リーはたった5つの簡単なエクササイズを取り入れました。エクササイズの種類ではなく、こなしたトレーニングの数が鍵なんです。完璧な体をゲットするためには、努力はもちろん、多くのスタミナと力も必要となります。

―仰向けになり、頭の後ろに手を位置しましょう。膝を曲げて、床にしっかり足を付けます。上半身を上げて、胸が膝に付くところまで持ち上げたら、ゆっくり元の位置に戻ります。ブルース・リーのシットアップは、シットアップ用のベンチか、腹筋フィットネスボードが必要です。

―仰向けになって、腕を体の横に置きましょう。平なベンチを使用する場合も、仰向けになり、ベンチの端を両手で持って固定します。名前が示すように、足を天井の方まで真っすぐ伸ばしましょう。そのまま1秒か2秒キープしたら足を下ろします。

―このエクササイズを行うためには、軽めの棒が必要。棒を手に取り首の後ろから肩にかけます。両端をしっかりと持ち、上半身を前に傾けましょう。90度の角度で立つのが理想的。棒の左端が右足に触れるように、上半身を右にひねりってみてください。

―難易度の高いブルース・リーバージョンの場合は:鉄棒にぶら下がって腕を真っすぐにします。体が動かないように意識しながら腹部を使って膝を胸の方に引き寄せましょう。

―ダンベルをいくつか、用意しましょう。片手で掴んだら真っすぐ立ち、足を肩幅に開きます。腕に少しだけ力を入れて、腰からぶら下がるように意識します。腹斜筋に力が入るまで、体を右に曲げてみましょう。そのポジションを1、2秒ほどキープしたら、元の位置に戻ります。左側も同じように、繰り返しましょう。

―リーが各トレーニングで行っていたセット数を見ていきましょう。彼は50回の繰り返しを4セット、つまり一つのトレーニングで200回を行っていたんです。5つのトレーニング全部を合わせると、驚きの1000回。筋肉を自然と成長させる事が、シックスパックを作るための鍵です。また、静的な筋肉収縮で各トレーニングを終わらせましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です