世界を変えた1枚のプラスチック|SIMカードの仕組み

SIMというのが何の略なのでしょう? それは加入者識別モジュールという意味なのです。世界初のSIMカードは、1991年にドイツのギーゼッケ・アンド ・デブリエントによって開発され、フィンランドの無線通信事業社であるRadiolinja(レディオリンヤ)、現在のElisa (エリサ)によって300枚購入されました。そして1992年には、SIMカードが内蔵された最初のGSM方式の携帯電話であるノキア1101が販売されたのです。今日(こんにち)では、世界中で70億以上のガジェットが、電話をかけたり、SMSを送ったり、ウエブサイトを閲覧したりするために使用しているので、SIMカードを一度も使ったことがない人を見つけるのは簡単な事ではないはずです

タイムスタンプ:

なぜSIMカードが必要なのか? 2:29

SIMカードがなくても携帯は機能するのか? 3:34

SIMカードはどのように機能するのだろう? 4:11

SIMカードで自分の居場所を追跡することができるのか? 5:50

SIMカードは壊れるのか?7:36

なぜSIMカードはどんどん小さくなっているのか? 8:16

SIMカードの将来 9:37

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です