夏の暑さから愛車を守るための15のヒント

自分の愛車が冬に特別な愛情とケアを必要とすることは否定できません。 でも、車を最高の状態に保つためには夏だからといって、リラックスして手を抜くことは出来ません。

夏の日差しは車内を暑くするだけでなく、かび臭くさせてしまうこともあります。 この臭いの問題を解決するためには、乾燥機用のシートをエアコンの通気口に貼り付ければいいのです。これは単純ですが夏の問題を解決するための超効果的な例の1つです。

湿った部分をすべて乾かす 0:17

ハンドルが熱くならないようにする方法 0:48
ギアのレバーが熱くならないようにする方法 1:13
かび臭いにおいを取り除く 1:35
エンジンを温める 1:54
エアコンの正しい使い方 2:23
気体が漏れる音がしても慌てる必要はない 2:58
エアコンのDIY 3:40
飲み物を冷たく保つ 4:05
鏡の保護パネルを閉じる 4:43
ダッシュボードの上に物を置いておかない 5:16
日陰で駐車し、花が咲いている木の下には駐車しない 5:55
愛車を虫や木の汁やアスファルトの染みなどから保護する 7:00
エンジンの冷却システムのラジエーター液を定期的に交換する 8:15
夏の間の故障に備える 8:50
ボーナス: 小型の電池式の扇風機を使う 9:39

#運転のコツ #運転のハック #運転の初心者

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 車の内部の菌類の増殖を防ぐためには、湿った部分をすべて乾かすようにしましょう。冬の間にも、湿った部分が凍りつかないように、同じ処置を施してみましょう。

– 指を火傷しないようにするには、車から離れる前にハンドルを180度回転させておきましょう。

– 断熱加工された紙コップを置けばいいのです。 もしそんな紙コップなんて無いという場合、単に水でスプレーしてみましょう。

– この臭いの問題を解決するためには、乾燥機用のシートをエアコンの通気口に貼り付ければいいのです。

– オイルが温まってエンジンのすべての部分に到達するまでの時間がかかるので、 発車するのは、エンジンを約30秒間暖めてからにしましょう。

– ゆっくり運転している時には、エアコンをオンにするのではなく、窓を開けることをお勧めします。 車を程スピードで運転している時、エンジン自体はフル回転していますので、ガソリンを無駄に消費してしまいます。 

– ガソリンタンクのキャップを開けたときに、気体が漏れる音がしても別に慌てる必要はありません。 それには2つの理由があります。1つ目は、運転中、燃料がタンクから排出されているのに、それによって空いたスペースに空気が入らないということ。 2つ目の理由は、その反対で、しばらくの間駐車していると、ガソリンの蒸気がタンクの中に蓄積されることにより起こります。

– これは単に通気孔の下の床の部分に氷の塊を置くだけのことです。 でも、溶けてできた水が漏れてしまわないようにキチンと工夫してくださいね。

– クーラーボックスを使う代わりに、グローブボックスを使えばいいのです!グローブボックスの中にはエアコンによる冷たい空気が吹き込まれているんで、内側にある小さなフタをひねれば、冷たい空気の吹き出し口が開きます。

– 鏡がガラス製であり、事故が起こった時には簡単に割れてしまうということも忘れてはいけません。車の運転は安全第一なので、発車する前に閉じる癖をつけてください

– 太陽からの強い熱が様々な物を溶かしてしまい、電池が燃えてしまったりして、車全体が炎上してしまう可能性もあるからです。ダッシュボードの上に何も置いておかないようにしましょう。

– 花が咲いている木の下には絶対に車を駐車しないでください。夏になると、樹脂や汁や、ベトベトする実や、ベリーなどが直接車の上に落下してしまうからです。

– 虫や木の汁やアスファルトの染みなどから保護するために、夏の初めに車を数層のポリッシュで覆ってみてください。

– オーバーフロータンクをチェックし、ラジエーター液が十分に入っているかどうか確認してみてください。エンジンがまだ熱いうちは絶対にラジエーターキャップを外してはいけません!

– 常に緊急キットを車内に保管しておき、水と腐りにくい食ベ物と応急処置キットと基本的な工具と道路の発煙筒とブースターケーブルと懐中電灯を常に用意しておいてください。

– 交通渋滞で立ち往生していて、車内が暑すぎる場合には、小型の電池式の扇風機を使ってみましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ (Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です