電気自動車の仕組み

多くの国が様々な電気自動車を開発する中、アメリカ合衆国は飛躍的にその技術を向上させました。1891年に生産された電気自動車は、6人乗りで時速20km程度を出すことができました。その後、爆発的にヒットした電気自動車は1890年代のロンドンをタクシーとして埋め尽くしたのです

概要:

-長い距離をゆっくり走るために多くのバッテリーを必要とした電気自動車。フランスの物理学者、ガストン・プランテが鉛蓄電池を発明するとその技術は変化することとなりました

-1920年後期ごろまでに、アメリカのインフラは飛躍的に向上し、車にはより遠くに素早く移動することが求められました。こうして化石燃料車が電気自動車を圧倒していくこととなります

-電気自動車に止めを刺したのは1910年のフォードによる化石燃料車の大量生産でした

-電気自動車と化石燃料車の大きな違いは、許容できる燃料の種類にあります

-電気自動車の多くはバッテリーから得られる直流電流を交流電流に変換することで動きます

-電気自動車にはすべてがオートマチックに制御されます。トランスミッションは単速のものです

-電気自動車の充電はプラグを差し込むことで可能で、これは自宅でも行うことができます

-電気自動車の維持コストはずっと安いと言われています。化石燃料車が年間10万円以上かかるのに対し、電気自動車の維持コストは年当たり5万円程度です

-電気自動車の部品の中で最も高いのがバッテリーパック。この部品を交換するとなると、50万円〜150万円の出費が必要となることでしょう

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です