実は間違っている物の名前の由来!発祥の地はその国ではありません!!

クロワッサンを作り出した人物をご存知ですか?え?フランス人?では、ピザは?まぁ間違いなく100%イタリア人ですよね?この両方に「はい」と答えたあなた、カルチャーショックを実感するでしょう!1839年にオーストリアの起業家アウグスト・ザングがパリにウィーンスタイルのベーカリーをオープンするまで、クロワッサンはフランス以外の国で大流行していました。しかし、それ以降はパリでも大人気となり、全国へと広がると一気にフランスのシンボルにまでなったのです!

ピザに関して言えば、実はギリシャ人が考案したものです。しかし実はギリシャ人もまた、着想は別のとこからでした。それはエジプト人が食べていた具なしのフラットパンです!ローマの兵士たちがギリシャで食べられていた「ピラコウス」をイタリアへ持ち込み、その後19世紀になるとイタリアの移民によってピザは全世界へと羽ばたいたのです。そう、今まで常識だと思っていた物の起源が違うというのはよくあることなのです。今回は是非それを知っていってください!

タイムスタンプ:
クロワッサン 0:25

デニッシュ 1:52

フォーチュンクッキー 3:12

マトリョーシカ 4:13

チャイニーズチェッカー 5:04

ヴェネチアンブラインド 6:07

スウェーデンミートボール 6:43

ギニアピッグ 7:23

グレートデン 8:07

フレンチプードル 8:48

フレンチフライ 9:37

アラビア数字 10:34

ピザ 11:15

#ピザ #フランス #ブライトサイド

概要:
-クロワッサンという言葉は東ヨーロッパがルーツのハンガリー語、三日月を意味する「キフリ」が由来です。この菓子パンとみんな大好きクロワッサンの大きな違いは、キフリはパン生地でできておりかなり重い食べ物だということです。

-またまた驚きや落胆の声が聞こえるようです。何層もの生地が重なることで生み出される最高に美味しい菓子パン。アメリカにおいては「デニッシュ」、ドイツでは「コペンハーゲン」そしてデンマークでは「ヴィエネーゼ」と呼ばれているんです!

-フォーチュンクッキーとは1890年代か1900年代初頭に世界中で流行となりましたが、その起源はサンフランシスコのティーガーデンで設計・運営をしていた日本人の庭師によるものなのです。

-フランスのクロワッサンのように、ロシアの入れ子人形であるマトリョーシカと聞けば、大抵の人がロシアを連想するでしょう。

-あなたはチャイニーズチェッカーで遊んだことがありますか?1883年にハーバード大学の教授に発明されました。

-ベネチアどころか、イタリア出身でもありません。カーテンや雨戸として利用されたこのスタイルは実は古代エジプト、もしくは現在のイランであるペルシャから伝来したものです。

-世界中で何万という人々が、スウェーデン発の家具店へ行き、ショッピングの後には美味しい現地のお料理を堪能しますよね。しかし、実はそれが、291のバリエーションを持つ古代トルコ料理だっとは誰も知らなかったでしょう。

-日本ではモルモットの名称で親しまれるこの動物は英名でギニアピッグと呼ばれ、赤道ギニアもしくはギニアビサウが名前の由来です。実際のところ、そのルーツはアフリカではなく、南アメリカにあります。

-モルモットのキュートなアゴを愛でたら、次は大型犬でありながら愛嬌たっぷりのグレートデンの番です。16世紀に使われていた名称は「イングリッシュ・ドッグ」でしたが、元はドイツの犬です。

-何の皮肉でしょう。初めてフレンチプードルが生まれた場所はフランスではなく、ドイツです!元々の名前はドイツ語で「プーデルフント」「水しぶきをあげる犬」という意味です。

-フライドポテトの別名はフレンチポテト。しかしこれもまたクロワッサンと同様に、フランスではなくベルギーが故郷です!

-物の起源に関して名称は当てにならないと学んでいただけたでしょう。アラビア数字もその一例です。1100年代から西洋人にも使用され始めたそれは、インドで発明されたものであり、中東地域ではないのです。

-実はピザとは古代ローマの時代に作り出されたものではありませんでした。まさに青天の霹靂。創始者はギリシャ人だったのです。古代ギリシャ年代記には「ピラコウス」について書かれています。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です