世界中にあるモノの墓場

いらないもので溢れている墓場や、人がいない町というものは、本当に存在します。しかも、その裏には驚きの事実が隠されているのです。空港よりも広い空間に、超新品の売られていない車がゴミのように積み上げられている場所が、世界にはたくさん存在するんです。

Timestamps:

新車 0:21

タクシー 1:57

自転車 2:37

バス 3:38

電車 4:22

赤い電話ボックス 4:54

街 5:32

#捨てられた車#捨てられた街 #ブライトサイド

Summary:

-買い手より多くの車が生産されているんです。消費者からすればぜひ実現してほしいですけど、工場はタダで車をばらまくわけにはいかないので、新しい生産のためのスペースを作ろうと、前のものを捨てます。皮肉にも、新しい車の生産をやめることはできません。これはたくさんの人の解雇と倒産を意味するからです。

-タクシーの墓場の中には、何百もの車が廃棄されています。上から見ると黄色い海のように見える、中国の重慶市のものが良い例です。適当な場所に乗り捨てられているものも多く、ニューヨークのクイーンズ地区の違法タクシー墓場などでは、住民の生活に影響を及ぼしています。

-中国全土では驚きの自転車墓場で溢れています。中国人の人は自転車を使うのが嫌いというわけではないですが、使い方が無慈悲なんです。2017年、中国で自転車シェアシステムが始まりました。

-ホームレースの人のシェルターとして利用されたり、落書きが施されたアート作品に変身しているものもあります。

たくさんの古いバスを所有しているオンタリオ州の方は、これを並べて、フェンスを作りました。

-かなり錆びてしまったり、何らかの問題を抱えていたり、ただ単に修理待ちのものもあるでしょう。それ以外のものは、かつて走っていた線路がなくなってしまったため、取り残されています。これこそ、まさにメイン州のウエスト・ブランチ・レールロードのケースです。

-捨てられて、置き去りにされるのは、乗り物だけではありません。紅茶やダブルデッカーと同じくらい、象徴的な赤い電話ボックスも、適当なところに捨ててしまわれることがあります。

-それでは、街ひとつすべて捨てられてしまう状況は想像できますか?山奥の小さい村規模の話をしているのではありません。トルクメニスタンの首都であるアシガバートは、大理石で建設されており、見た目は壮大ですが、ゴーストタウンです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です