Bluetoothの仕組み

ワイヤレススピーカー、イヤホン、ハンズフリー機能のあれこれ。これら全てを可能にさせてくれるBluetoothとは一体なんの魔法なのでしょうか?

Bluetoothの発案は1989年に、エリクソンで働いていたニルス・リドベック博士によるものです。複数の博士を交えた開発によって、この技術はたった5年で完成してしまったのです。

その数年後の1999年、ついにBluetoothは商品化されることとなります。ラスベガスのコムデックス展示会において、この商品は初めて公の場に登場することとなりました。

概要:

-短距離無線機能を開発していたインテル、エリクソン、ノキアの3社は、統一規格を開発することで合意します

-Wi-Fiと大きく似ているこのBluetoothは、無線電波によってデータを近くの機器とやりとりします

-同時に8つの機器を接続できるBluetoothは、その他の電波の干渉を受けません

-Bluetoothは79の違った周波数を使い分けています

-現在Bluetoothが内蔵されていない電子機器はほとんどないと言っても良いほど、この技術は普及しています

-当初、このBluetoothは外部からの侵入を許しやすい構造をしていました

-Bluetooth経由でSPAMを送りつける手口も存在してはいますが、ほとんど危険はありません

-また、Bluetoothは携帯の電波に比べてはるかに安全だということが証明されています

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です