【証言】我々が宇宙人に遭遇しないのはなぜなのか

近年になって、私たちは周りを取り巻く10億ほどの星のマッピングに成功しました。これはすばらしい進歩である一方で、その数はまだ、天の川銀河の1%に過ぎません。それだけの星がこの宇宙にあるのならば、きっと他にも知的生命体がいるはず……

しかし、ここで1つの疑問が浮かびます。もし宇宙に知的生命体がいるのであれば、彼らはどうして私たちに交信を試みないのでしょう?

人類はかれこれ70年もの間、地球外生命体の気配を探し続けてきました。それでも、未だに成果は挙げられていません。いったいどうしてなのでしょうか。

この疑問をかつて投げかけたイタリアの学者がいました。その人の名はエンリコ・フェルミ。世界初の原子炉を開発した人物です。

タイムスタンプ:

宇宙でひとりぼっち? 1:56

グレートフィルター 2:35

木星が必要不可欠であるわけ 4:02

レアアース 5:32

知能だけでは不十分 6:39

宇宙人と話ができないのはなぜ? 7:35

もしかしたら宇宙人はもう地球に? 10:39

概要:

-フェルミのパラドックスには数々の解答が寄せられています。中でも主流となっている2つの説はレアアースとグレートフィルター

-高度に発達した文明が発生するには限りない数のハードルを越える必要があります

-木星は地球にとって必要不可欠な存在です

-地球の自転速度が適切な昼夜サイクルを作り出します

-すべての条件が揃って初めて、空を見上げる知的生命体が生まれるのです

-彼らはそこからさらに、星間旅行ができるほどの文明に発達しなくてはなりません

-また、宇宙人は存在しているが、私たちが彼らのメッセージに気づかないだけだ、という楽観的な説も存在します

-彼らのテクノロジーが全く別の発展を遂げていた場合、我々は彼らのメッセージをメッセージだと知ることができないかもしれません

-あるいは、我々の地球文明が現状最も高度な文明である可能性もあります

-また、宇宙人はへそ曲がりで、地球人と交信なんてしようとも思っていない、というおかしな説も存在しています

-もしかしたら、宇宙人は地球人に気づかれることなく、すでに地球のあちこちにいるのかもしれません

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:おぺち(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です