アイディア1つで億万長者になった12人

お金持ちになる方法は様々。人は時には、アイディア一つでお金持ちになることだってできるんです。そのアイディアがどんなにへんてこであったとしても。

今回ご紹介する12人に起こったのはまさにそれ。創造力と観察力、そして運によって彼らの成功はもたらされました。

90年代にミラクルモップを開発したジョイ・マンガーノ。彼女は1995年までに1億円を稼ぎました。アーティストだったギー・ラリベルテがプロデュースした太陽のサーカスは、今では多くの人が知るシルク・ド・ソレイユとなっています。

タイムスタンプ:

ジョイ・マンガーノのミラクルモップ 0:22

ギー・ラリベルテとシルク・ド・ソレイユ 1:16

リチャード・T・ジェームズとスリンキー 2:02

ゲイリー・ダールとペットロック 2:50

バイロン・リースとサンタメール 3:38

ロニ・ディ・ルロとドグルズ 4:11

ケン・アーロニとラッキ・ブレイク・ウィッシュボーン 4:55

ジョナー・ホワイト、リッチ・ベイリーとビリー・ボブ・ティース 5:25

ジョー・ペレッティエリとビッグ・マウス・ビリー・バス 6:11

ギャリー・クレッグとスランケット 6:39

アレックス・クレイグとポテト・パーセル 7:18

ジェイソン・サンドラーとアイ・ウェア・ユア・シャート 8:02

概要:

-スリンキーの開発者は海軍技術者であったリチャード・T・ジェームズ。彼は1943年にこのおもちゃを開発し、商品は90分で完売しました

-ゲイリー・ダールは「最高のペットは石だ」という冗談から、本当にそのような商品を作ってしまいました

-サンタさんからの手紙をサービスとする会社はバイロン・リースによって創立されました

-ロニ・ディ・ルロはある日、飼い犬が日光を眩しそうにする様子を目にします。そして開発されたのが犬用のサングラス

-ウィッシュボーンの風習をいつでもどこでも行える商品は、かなりの数の売り上げを記録しています

-ビッグ・マウス・ビリー・バスはすぐに人気ものとなりました

-ゲイリー・クレッグは大学1年生のころ、毛布から出たくないがために腕を通す穴をそこにあけました。すると商品のアイディアが思い浮かび……

-2015年、24歳のアプリ開発者アレックス・クレイグはジャガイモにメッセージを刻印するという妙なアイディアを思いついます

-ジェイソン・サンドラーはTシャツを着ることによって、様々なビジネスを宣伝して歩きました。最終的にその料金は1日365ドルを超えることとなりました

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です