飛行機内でするのを避けるべきこと11選

飛行機に乗った時は、快適で心地よい空の旅をしたいですよね。しかし、皆さんの快適さや安全さは、かなりの度合いでフレンドリーなフライトアテンダントさんのお陰です。

もちろん、フライトアテンダントは何も言いませんが、密かに嫌がっている、忌み嫌っていると言ってもよい行為が存在します。あ、少し先走りすぎましたね。本当にステキな旅をしたいのであれば、フライトアテンダントの怒りを買ってしまうようなことを覚えておきましょう。

タイムスタンプ:

搭乗中に機内のトイレに行く 0:40

手荷物が多い 1:45

きつい匂いの源になるものを持ってくる 3:09

ヘッドフォンを外さない 4:57

席を変えてくれと頼む 5:49

「ベルト着用サイン」点灯中に、立ち上がる 6:29

しょっちゅう「呼び出し」ボタンを押す 7:21

メニューを聞いてくる 8:17

ごみをフライトアテンダントに渡さない 8:57

安全確認説明を聞かない 10:11

注意をひくためにフライトアテンダントに触れる 11:06

#フライトアテンダント #飛行機ルール #ブライトサイド

概要:

– 他の人が席を探している間にトイレに並んでいる乗客の列があったら、遅れることは保証済みですよね。

– 手荷物がたくさんあると、不快な2つの状況が起こりえます。1つ目は、あなたがものを上に入れる間、他の人を待たせることになります。2つ目は、あなたが待たせていた人たちは、コンパートメントに物が詰まっているため、荷物を入れることが出来ません。

– 良い匂いであっても、度が過ぎると気に障ります。ハンドメイドの香りつき石鹸は素晴らしい香りがするかもしれませんが、それも初めの数分のみ。

– フライトアテンダントが質問をしようと近づいてきたら、ヘッドフォンを外して、注意を払う方が丁寧だと言えます。

– 最もいらだつことは、乗客が席の変更を迫ってくるときである、とフライトアテンダントは告白しています。純粋に、出来ないんです。

– 離陸の際、タキシングの際、着陸の際、乱気流の際、何かが起こった時のために、着席しシートベルトを着用しているべきです。

– 大した理由もないのに、絶え間なく呼び出しボタンを押していたら、やめるように言われる可能性があります。あるいは、完全に無視される可能性があります。

– 何があるかフライトアテンダントに尋ねたら、他の乗客を待たせ苛立たせます。自分がを注文する際は、このことを考えてください。

– フライトアテンダントとして働くことのデメリットの一つは、フライト時間に応じて給料を得ているということです。地上でする仕事には、お金が発生しません。

– 安全確認説明はどの航空会社でもほぼ同じものです。それでも、フライトの前に記憶を掘り起こすために、もう一度見る価値はあります。

-どんな理由があっても、フライトアテンダントをつついたり、つかんだりすることはよくありません。他の人と同じです。通る際にひざや足首に触れるのは構わないと思っている乗客もいる、と話すフライトアテンダントもいます。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です