月で発見された説明不能な謎物体

古代から、星を見上げる人たちは、地球唯一の、この惑星に魅了されてきたに違いありません。今日では、遠く離れた地上からでも、その月面を観測できるほど、科学技術は発展を遂げました。そして、驚くような発見が、時折されてはいるのです。

月面のクレーターの一つで発見された、奇妙な金属の塊もまた、そんな発見の一つでしょう。

タイムスタンプ:

奇妙な重力変化 2:16

不気味な塊の正体 2:55
その他の月の謎 4:05
発光現象 4:20
月の塵 5:45
小さな地震 6:13
溶岩洞の迷宮 6:42
黒い影 7:30
月は離れている 7:53
月は完全な球ではない 8:04
月は地球の衛星ではない? 8:37

概要:

-月の反対側には太陽系で最も大きなクレーター、南極エイトケン盆地が存在します

-天文学者はこのクレーターが隕石の衝突により生まれたと考えています

-月面のある一帯の重力に変化が見られていました

-その塊の出処は未だに謎となっています

-この塊は、南極エイトケン盆地を作り出した張本人ではないかと考えられています

-月のこの塊は未だに月の抱える無数の謎の一つとなっています

-天文学者たちを悩ませている現象の一つが、月面の発光現象です

-発光現象の頻度はまちまちで、週に数回の場合もあれば、何ヶ月も見られまいこともあります

-月の塵は人体にとって有害です

-月の地下には溶岩洞の迷宮があると考えられています。地勢データを分析した天文学者によって、この空洞は発見されました

-月は地球から少しずつ離れて行ってしまっています

-地球からみると丸く見える月も、実際は卵型をしています

-天文学者の中には、月は地球の衛星ではないと考える人もいるようです

-地球の1/4の大きさの月は、地球の衛星と考えるには大きすぎるというのがその説の根拠となっています

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です