たった2ドルで買った絵…実は数百万の価値が!?

誰かがこう言いました、一枚の絵は千の言葉に値する、と。まさしくその通り、とはいえ、物の価値を計れるのは言葉だけではありません。数百万の値がつけられた絵画や、あるリサイクルショップで発見されたビリー・ザ・キッドの写真などはそのいい例でしょう。

ビリー・ザ・キッドとは西部時代を生き抜いた伝説の人物。彼の一生は21年で終わりましたが、しかしその短い人生の中で、アイルランド人の血を引くこの若者は、その時代に最も有名な荒くれ者として歴史に名を刻みました。面白いことに、ビリーは銀行や列車、馬車の強盗を行ったことは一度としてありませんでした。その代わり、家畜泥棒やガンファイトなどを行っていたんです。たとえ逮捕されても、大胆な方法で脱獄すらしてしまう、そんな魅力が詰まった人物だからこそ、ビリーは西部劇ファンにとって憧れの人物となったのです。ちなみにビリーの写真はほとんど存在しません。さて、ではそんな希少な写真ですが、実は2011年に正式にビリーだと確認された写真が1枚だけあるのです。

タイムスタンプ:

ビリー・ザ・キッドって何者? 0:24

2ドルの本物のお宝! 1:34

「世界で最も珍しい写真」 3:03

旧西部の記念品として最も高値で売られた品 4:34

ビリー・ザ・キッドの三枚目の写真 5:57

何故所有者はそれを売ろうとしないのか 8:33

#ビリー・ザ・キッド #珍事 #西部時代

概要:
-話は2010年にさかのぼります。カリフォルニア州フレモントに住むコレクターが、1枚の写真ともう2枚の写真を2ドルで購入しました。しかし、これが1878年に撮られたビリー・ザ・キッドのレアな写真だということに気付いていませんでした。

-ビリー・ザ・キッドの写真といえば超希少品。その価値を知っている不届き者たちが偽物を作って小金稼ぎをしようとしていました。

-ナショナル・ジオグラフィックによるドキュメンタリーのエグゼクティブ・ディレクターは写真を西部のみならず写真業界全体の聖杯だと呼んでおり、「世界で最も珍しい写真」だと語っています。

-その他にも、ビリー・ザ・キッドの写真であると公的に認められた写真が、2011年にオークションで、230万ドルで売られました。コレクターたちと西部時代のファンたちがコロラド州の都市、デンバーへやってくると、すぐにお宝を手に入れる準備を始めたのです。

-世界的に有名になったビリー・ザ・キッドの3枚目の写真は、まだオークションにかけられていません。しかしもしそうなれば500万ドル以上の価値がつけられるでしょう。

-この写真をこれほどまでに特別なものにしたのは、おそらくビリー・ザ・キッド本人のみならず、彼の人生を21年で終わらせた保安官パット・ギャレットも関わっているはずです。

-2011年にアシュビルの街のフリーマーケットで、この写真が10ドルで売られていたのだそうです。

-法医学の専門家は顔認識ソフトウェアを使用し、それがギャレットとキッドであると断言しました。

-もしも彼がこの写真をオークションにかけたなら、間違いなく500万ドル以上の財産を手に入れられるはずだと専門家たちは断言しています。しかし、このラッキーな所有者は、今のところ、そのつもりはないと言っています。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です