太陽系にブラックホールがやってきたとき地球はどうなる?

私たちの太陽系には8つの惑星があり、無数の小惑星が存在しています。この美しい奇跡の空間は、絶えず私たちの太陽の周りを回っています。しかし、そこに突然ブラックホールがやってきたら、すべてはどうなってしまうのでしょう?

近年ブラックホールの写真を撮ることに成功したケイティ・ボウマン博士。私たちの太陽に最も近いブラックホールの大きさは、太陽のおよそ10〜13倍と言われています。その距離は3000光年ほど。しかし、仮に突然ブラックホールが太陽系に現れたとしたら……?

タイムスタンプ:

ブラックホールって? 1:32

超大質量ブラックホール 2:32

恒星ブラックホール 3:20

最も恐ろしいシナリオ 4:35

ブラックホールの引力を感じるとき 5:15

スパゲッティ……化? 6:00

2つの超大質量ブラックホールがぶつかったとき 7:04

概要:

-ブラックホールは小さな空間に大量の物質が収まったもので、その重力は計り知れません

-巨大な星が崩壊して生まれるブラックホールは恒星ブラックホールと呼ばれています。一方、銀河の中心に存在するといわれるブラックホールは超大質量ブラックホールと呼ばれています

-私たちの天の川銀河が姿を変えて、私たちの位置を中心のブラックホールから数十光年先にまで近づけてしまうと、私たちは全てが破滅してしまうことでしょう

-恒星ブラックホールは星の崩壊によって生まれます

-ブラックホールの接近は、手遅れになる前に見つけることが困難でしょう

-ブラックホールの引力によって、惑星は破壊されます

-ブラックホールに落ちるものは全てがスパゲッティのように細くなってしまいます

-科学的な計算によれば、ブラックホールが太陽系にやってくる可能性は宝くじに10回当選するのと同じくらいなのだとか

-ほぼ全ての銀河の中心には超大質量ブラックホールが存在しています

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です