天才になるための手助けになったかもしれない?! アインシュタインの6つの奇妙な習慣

偉人は似たような考え方をすると良く言いますよね。だからこそ、議論の余地があります。ですが、実は天才たちの間には一つの共通点があるんですよ。それは奇妙な習慣を持つということ。 人類史上、最も偉大な天才の一人であったアルバート・アインシュタインも、多くの奇妙な癖があったようです! 彼は、なぜか靴下を毛嫌いしていて、絶対に履かないようにしていたんです。そして一度、妻のエルザへの手紙の中でも、素足を隠すために常に長めのブーツを着用しなければならなかった、とこぼしています。

さらに、アインシュタインには、毎日の昼寝の時に行っていた奇妙な習慣がありました。 自分が夢の国を漂っている間、手で金属製のスプーンを持ち、その真下に金属製の皿を置いておいたのです。 そして、眠りに落ちると皿の上にスプーンを落ちるという仕組みになっていました。 でも、一体なぜこんなことをしたのでしょう? どういうことなのかチェックしてみましょう!

タイムスタンプ:

絶対に靴下を履かなかった。0:44

トランプの家を作るのが好きだった。2:06

バイオリンを演奏するのが好きだった。3:10

1日10時間の睡眠を取っていた。4:39

手で金属製のスプーンを持ちながら昼寝をしていた。6:46

毎日散歩をしていた。7:21

常に定型業務を好んだ。9:14

#アインシュタイン#成功 #創造性

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– アインシュタインが靴下を履かなかった唯一の理由は、子供の頃、新しい靴下を履くたびに、1日から2日で穴を開けてしまったからなのです。 彼にとって、ひらめきは物凄く大切だったので、靴下のような小さな問題に、注意をそらされたくはなかったのです。

– アインシュタインが幼年期に頻繁に行っていた、もう一つの習慣はトランプの家をつくることでした。人間の頭脳は機械的な作業ばかりしていると、抽象的に考えられるようになります。 そして、集中すればするほど、その効果が大きくなるのです!  

– 第一印象は、特にポジティブなものではなかったようですが、バイオリンの演奏に興味を持ち、気が変わったようです。 さらに、活動を変化させることは、脳を休ませるためにピッタリだったのです。 数学の勉強にうんざりしてしまった時には、ギターを弾いてみましょう! そしてギターを弾くのにうんざりしてしまった時には、散歩に出かけて、写真を撮ってみましょう。

– アインシュタインが怠け者だったり、眠るのが好きだったというわけではありません。 誰でも夜間の健康的な睡眠が脳に良いことは、理解していますよね。ですので、通常だったら7時間〜9時間で十分のはず、と思うかもしれません。 ですが、必要な睡眠時間は人それぞれ違うということも覚えておかなければなりません。 世の中には、6時間で大丈夫な人もいれば、アインシュタインのように、10時間必要な人もいるのです。

– 彼の場合、散歩は健康に利益をもたらすこととは、何の関係もなく、歩いている間は忙しくないので、脳に休みを与えられるということが理由だったようですよ。 なので、ある程度長い散歩をすれば、一種のトランス状態になることができます。 そして、リラックスすることにより、物事を異なった側面から考えられるようになるのです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です