外国人が困惑するアメリカの家の特徴17選

自由の地、 勇者の故郷… そして凍るほど寒い巨大な家とおかしなコンセント。アメリカの家ってそんなに変でしょうか?私がアメリカ人でない友達を家に招くと、いつも彼らは変わっているというんですよ。

家の中で靴を履くことは、外国人を混乱させることの一つです。多くの国では、玄関で必ず靴を脱ぐという厳しいルールがあるからです。また、アメリカのキッチンにはやかんがありません。そしてトイレにはいっぱい水が入っています。興味を持ちましたか?典型的なアメリカの家がどんな風か見てみましょう!

おすすめの関連動画はこちら:

ここが変だよ!アメリカの文化 https://www.youtube.com/watch?v=CKGFLTiLh7M

アメリカかう州のベストとワーストは? https://www.youtube.com/watch?v=1gGsIoa4Ijg

他の国では普通の16のクレイジーなこと https://www.youtube.com/watch?v=r-n-YgauYdc

タイムスタンプ:

家の大きさ 0:23 

すべてを収納できる広さ 0:52

巨大な洗濯機と乾燥機 1:27

地下室 2:10

使っていないダイニングルーム 2:36

防火に真剣に取り組む 2:58

部屋全体にカーペットをしく 3:43

低いトイレ 4:09

便器に水がたっぷり入っている 4:50 

一つの蛇口 5:28

エアコンをガンガン効かせる 6:02

家の中でも靴をはく 6:28

スイッチのないコンセント 6:56

キッチンにやかんがない 7:24

シンクの生ごみ処理機 7:45

どこにでも旗がある 8:10

完璧な芝生 8:34

#アメリカ #USA #アメリカの家

概要:

‐ 典型的なアメリカの家は、他の国の家に比べるとやはり大きく広々としています。

‐ すべての寝室に服を入れるクローゼットがあり、玄関の近くにはコートや靴を入れるクローゼット、洗面所や玄関ホールにもタオルを入れるクローゼット、キッチンには食料庫があります。

‐ 部屋と言えば、通常、アメリカには洗濯のための洗濯室があります。そして、アメリカ人の多くが洗濯機と乾燥機の両方を持っています。

‐ 多くのアメリカの家にはリビングとしての機能も果たす豪華な地下室があるんですよ。お客さんが泊れる部屋や娯楽エリアとして使う場合もあります。

‐ アメリカでは防火に真剣に取り組み、借家の場合、煙探知機が必ず機能していることが家主に求められます。

‐ トイレが低いのには理由があるのです。地面に近いと健康的で、排せつがしやすいんです。ホントに!

‐ アメリカでは、シンクには一つしか蛇口がなく、温度を好きに調節することができます。

‐ 家族のほぼ全員が、靴を履いて家を歩き回ることに疑問を感じないのです。泥がついていたりしない限りは、それが普通なんです。もちろん、靴を脱ぐ家族もいますよ。

‐ ヨーロッパのコンセントにはスイッチがあり、オンにして電気を流すか、オフにして切るかします。ですが、アメリカでは選択肢はありません。

‐ アメリカで生ごみ処理機は、とても一般的に使われています。実際、50%の家にこの生ごみ処理機があるのです。

‐ アメリカ人は星条旗を掲げるのが大好きで、大抵の家で少なくとも1つ、家の外に星条旗を掲げています。

‐ アメリカ人は庭の手入れをするのが好きです。それに、大抵の住宅地で決まりがあります。

音楽:

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です