自宅で上腕二頭筋をバルクアップ!7つのグレートエクササイズ!

太い腕を手に入れたいというのなら、二頭筋だけでなく上腕三頭筋にも注目するべきです。上腕三頭筋には3つの部位があります。長頭、外側頭、内側頭です。上腕三頭筋が固まっていると、瞬発力、持続力、機動性が制限されてしまうんです。エクササイズをするときは、目的の筋肉に聞くストレッチをした方がいいでしょう。

腕を鍛えるタイプのエクササイズは大半がウェイトを使ったものばかりです。しかし家にダンベルのようなものがなかったとしても、諦める事はありません!缶詰だったりお米の袋だったり、はたまた水の入ったペットボトルや重い本なんかで代用することができるんです!大容量の液体洗剤なら取っ手もついていますし、密閉できるようにフタもあるのでおススメですよ!さぁレッツスタート!

タイムスタンプ:

ダイヤモンド腕立て伏せ 1:22

キックバック 2:53

チェアーディップ 4:04

クローズグリップ・ベンチプレス 5:17

斜め懸垂 7:13

アームローテーション 8:02

上腕二頭筋タオルカール 8:44

#上腕二頭筋 #太い腕 #ストロングマッスル

概要:
-腕立て伏せならどれでも上腕三頭筋によく効きますが、ダイヤモンド・クローズ・グリップの腕立て伏せなら特に負荷をかけやすく効果的です。この運動では肘を伸ばして腕を引っ張る動作の筋肉を鍛えられます。肘を脇につけたままやれば、肩や胸の代わりに上腕三頭筋を鍛えられます。

-ダイヤモンド腕立て伏せが完了したら、キックバックなんてお茶の子さいさいでしょう。とは言え確かに簡単な運動ではありますが、三頭筋全てに効果があるんです。負荷をかけるためにも、上腕は動かさないようにすることが大事です。肘に負担をかけないためにも、最初は軽いウェイトから始めましょう。

-チェアーディップはジムでやるような、ディップの代わりにできる簡単な運動です。名前からお分かりでしょうが、この運動に必要なのは椅子。ディップは今回の目標である三頭筋をターゲットにした運動です。椅子にもたれるように体重を掛ければ、腕だけで支えることになります。

-クローズグリップ・ベンチプレスは、筋肉を強く、同時に太く鍛えることができる非常に優秀なエクササイズです。

-このエクササイズはどこででもすることができます。必要なものはつかむことができる何かのみ。地面に横になり、手を伸ばして丈夫な椅子やテーブルなどを掴んでください。

-腕を使って円を描いてください。最初は小さく、次第に大きくしていきましょう。上腕二頭筋、三頭筋、そして肩を効果的に鍛えられます!斜め懸垂と同じように、回数をこなすことが成功の秘訣です。

-その名の通り、このエクササイズではタオルを使用します。その他に重量のあるバッグを用意すれば、自宅やオフィス、又は旅先のホテルでもやることが可能です!

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です