Wi-Fiは実際のところどのように機能するのか

皆さんはインターネットが電話回線で接続されていた頃のことを覚えていますか? ええ、ダイヤルアップのあの音のことです! 当時に比べると、テクノロジーはかなり発達したので、たぶん皆さんの殆どは今Wi-Fiを通してこの動画をみているはずです。では、Wi-Fiというものは、どのような形で発達して来たのでしょうか? 

パソコンが人々の生活の生活の一部になり始めたのは、1980年代だと言えます。でも当時コンピュータは、悪名高いイーサネットケーブルによってインターネットに接続されていました。 この頃になると科学者たちは、これらの多くのケーブルにつまずいてしまうのが嫌になり、無線信号によってデータの送信を始める決心をしたようです。 ですが、これらの初期の試みは、失敗に終ってしまいました。 当時、科学者たちの目に留まらなかった、ある解決策は、パソコンが発明される10年も前に考案されていたのです。

関連動画:

タイムスタンプ:

ハリウッド女優の重要な発明 0:38

Wi-Fiの父 2:17
Wi-Fiというのはどうゆう意味? 3:50
すべては電波によって送信されている 5:03
インターネットの速度を減少させるもの 6:28
自分の写真(やファイル)はどのようにして友達のところに届くのか 8:12
Wi-Fiは健康に悪いのか? 9:33
Wi-Fiの信号をブロックするもの 10:43

#wifi #インターネット #テクノロジー

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– Wi-Fiのルーツは1940年代までさかのぼります。 当時人気のハリウッド女優兼発明者だったヘディ・ラマーという女性が、無線信号が不正に変更されてしまうのを防ぐ方法を考案したのです。

– 初期の試みは、壁や家具など、コンピュータの周りにあるものすべてによって、電波が妨害されてしまったため、失敗に終ってしまいました。

– それは「Wi-Fiの父」としても知られている電気技師のジョン・オサリヴァン博士によって、1970年代に開発されたものでした。 当時、彼の研究チームは 宇宙のかなたに存在するブラックホールからの電波信号を受信するために、高速フーリエ変換と呼ばれる複雑な方程式を考案しました。

– 多くの実験の末、彼らは高速フーリエ変換を、以前に電波信号で送信しようとしていたデータ方程式に追加し混合させ、我々が今日(こんにち)利用しているWi-Fiの基礎を作り上げたのです !

– さらにその後1996年には、以前に特許を獲得している主要な開発を促進させ、ついに1997年には802.11プロトコルの最初のバージョンの開発に成功しました。

– Wi-Fiという名前は、オーディオ技術の専門用語である「高忠実度」という意味を表す、Hi-Fiという言葉をもじったものなのです。

– Wi-Fiのルーターの周波数は毎秒2.4ギガヘルツか5ギガヘルツを使用しており、そのことにより、データをスマホにすばやく転送することが出来るのです。

– ベビーモニターやガレージのドアや電子レンジやコードレス電話、さらにワイヤレスカメラなどを使用していると、Wi-Fiに対する妨害になってしまう可能性もあります。

– スマホやコンピューターの電源を入れてインターネットに接続すると、そこでアクセスするための情報は全てバイナリコードに変換されます。 そして、Wi-Fiを通じてアクセスすると、そのバイナリコードが波周波数に変換されるのです。

– Wi-Fiは危険なのでしょうか? まあ、単純に答えれば「ノー」です。 Wi-Fiは非常に低い電圧で作動しているので、近距離でも、テレビやラジオの信号によって生成される家庭内での「スモッグ」の一部にしか過ぎません。

– 普通のルーターの電波の有効距離は、全方向に約30メートル。 そして殆どの導体は電波を阻止し、それには金属や水や鏡、さらに水が多く含まれる人体まで含まれているということです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です