女王も破れない?イギリス王室15のルール

人生で一度でも、かの英国王室の一員になってみたいなぁなんて思ったことはありますか?
宮殿にヨット、パパラッチ!しかしもしもあなたが英国王室の一員だった場合、貝類を食べたり、モノポリーで遊んだり、特定の言葉を話せなくなったりしちゃいます!
そうです。王室のメンバーだってクランペットやお茶会の為だけに生きているわけではありません。彼らにだって従わなければいけないルールというものがあり、少し奇妙なものもあったりします。

例えば、王族は決してサインを書いてはいけないだとか、王族たちは投票をすることができないだとか。他にも彼らは毛皮を着てはいけないなんて決まりもあります。とはいえ、2000年ごろにはイギリスでも毛皮禁止なんてほぼ形骸化されてしまっています。王族のうち何人かは破ってしまっていますし、女王でさえも毛皮を身につけてしまったことだってあるんですから。

タイムスタンプ:
王族はロンドン塔で最低でも6羽のワタリガラスを飼育しなければならない 0:36

王族は一般人に触れたりサインを書いたりしてはいけない 1:05
王族はある特定の言葉を使うことを許可されていない 1:55
王族は投票してはならない 3:03
王族は政治的役職に就くことはできない 3:39
王族はモノポリーで遊べない 4:08
王族は貝類を食べることができない 4:37
足を組んで座ってはいけない 5:21
王族の座席や到着時間は優先順位に従わなければならない 6:01
王族が着る服には明確なメッセージがある 6:57
王族は毛皮を着られない 7:33
王族はどんな贈り物も有り難く受け入れる 8:05
王族は常に道をリードする 8:26
王族たちはクリスマスを一緒に過ごさなければならない 8:59
女王が食べ終わってから、更に食べることはできない 9:22

概要
-「カラスがいなくなればロンドン塔は崩れ、塔を失った英国は滅びるだろう…」その予言を実現させないため、今もタワー内に、少なくとも6羽のワタリガラスが住んでいます。

-王族が絶対に犯してはならないルールの一つとしてサイン禁止があります。偽造を防ぐため、サインを求められても彼らは絶対にサインをしないんですよ。

-王族には発してはいけない言葉があります。これは政治的意見を発してはいけないということではなく、日常会話で使う言葉のことです。
例えば「トイレット」「パフューム」「パードゥン」という言葉は、フランスから来た言葉なので禁止されています。

-女王陛下が投票するのは違憲となります。なぜなら陛下こそ英国に君臨する存在で、英国王室の人々は政治に対し中立でいるべきだという伝統を守っているからです。

-王族たちが受ける最高の教育と民衆への愛を考えれば、彼らが偉大な政治家となることを誰もが夢想するでしょう。しかし現実には王族が政治家になることは許されていません。

-女王を含む王族のメンバーの中にはアレルギー反応や食中毒を避けるために、貝類や赤みの生肉などは食べないようにする人もいます。

-王族のメンバーになると、座るときも気をつけなければいけないのが、男女共に足を組んで座らないこと。足首をクロスさせるくらいなら問題ありませんが、基本的に足は合わせられているべきなのです。

-重要なイベントで王族が集まる時、彼らは好き勝手に到着したり、座りたい場所に座ったりなどはできません。順序における優先順位は厳密にルールが決められているのです。

-王室は洗練され、エレガントでスタイリッシュなファッションで世間をリードすることを期待されています。王族の服装は基本的に控え目ではありますが、オシャレで常に何かのメッセージを発しています。

-12世紀、エドワード3世によって王家を含めた誰もが毛皮の着用を禁止されました。その何世紀後にも、毛皮に対しノーと言うことで動物への残虐行為を止める手段に使われています。

-どんな贈り物であろうと、王室の人間は丁寧に全て受け入れなければなりません。そして全ての贈り物は王冠の下に収まるため、どの贈り物を誰が保管するかは女王が決めます。

-自らの配偶者と散歩をするときはいつも、王族は手を握って歩くことができません。

-王室の人間も含め、女王と一緒に食事をする場合、誰でもこのルールを守らなければなりません。陛下が食事をやめたら、テーブルに着いた全員が食事をやめるのです。

-伝統的に、王室の人々は毎年のクリスマスを一緒に過ごします。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です