ダビンチが人工衛星のない時代に作った地図

かの巨匠レオナルド・ダ・ビンチ。『モナ・リザ』を描いた画家以上の天才でした。数学者で作家、歴史家、技術者で、発明家。当時としては考えられないほどの先見の明を持っていました。彼の残した構想なしには、世界は全く別の姿をしていたかもしれません。

ダビンチは1502年に、衛星写真かと見紛うような地図を書き残しています。最初の衛星写真は1959年。しかし、彼の地図はそれに引けを取らないほどの精巧さを持っていました。いったい彼はどのようにしてその偉業を成し遂げたのでしょうか?

タイムスタンプ:

どうやって地図を作ったのか 0:31

ダビンチのその他の発明:

マシンガン 1:48

ロボット騎士 2:39

パラシュート 3:!6

ヘリコプター 4:09

潜水服 4:38

自動車 5:16

概要:

-卓越した測量と計算技術によって、ダビンチは精巧な都市の地図を描きました。彼は軍司令官であり政治家であったチェザーレ・ボルギアの依頼でこの地図を作ったと言われています

-彼はまた33挺の銃身を持ったマシンガンを考案しています

-さらにダビンチはロボットも考案しています。騎士の姿をしたロボットはルネサンス時代の異様な発明でした

-パラシュートの発明者としてダビンチは明確に記録に残されてはいませんが、彼の草案なくしてパラシュートは実現しなかっただろうと言われています

-海でもダビンチの発明は活躍しました。革製の潜水服は、空気管のつながったベルの下に潜水士が入る仕組みになっていました

-ダビンチは自動車のプロトタイプも開発していますが、それは現代のものとは大きく違った姿と性能をしていました

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です