健康に害を与えてしまう10のファッションアイテム

科学者は、女性が抱える背中の痛みの73%の原因は、着ている服やアクセサリーである、と証明しました。このビデオを見た後、みなさんはきっとクローゼットに入っている服を半分捨てる事になるでしょう!見かけは全く無害なのに危険な洋服がたくさんあるんです!

例えば、例えば、ペンシルスカートなんかは最も危険なファッションアイテムの一つだとうい事は知っていましたか?ペンシルスカートやパイプスカートは、足同士が引っ付くようデザインされているので、バランスを崩して、こけてしまう可能性が大きいんです。普通に歩いている時や、車に乗るときも、動きが制限されてしまいます。そのようなスカートは、筋肉の緊張と膝奇形を引き起こす可能性もあるので気をつけましょう。他にもまだまだ健康に害を与えてしまうファッションアイテムがありますよ。

関連ビデオ:

耳は健康のバロメーター: 見逃しては行けない8つの症状 https://youtu.be/FIobyUUpTQs

タイムスタンプ:

タイムスタンプ:

タイトなズボン 0:37

ハイヒール 1:10

Tバッグ 1:55

重たいピアスやネックレス 2:21

ネクタイ 3:03

サイズが合っていないブラ  3:33

ビーチサンダル 4:03

矯正下着 4:31

特別大きいハンドバッグ 5:00

ペンシルスカート 5:28

#健康のコツ #健康に悪い #足の問題

概要:

―タイトなズボンは肌に圧力を与えますよね。ですので、人気の「スキニージーンズ」などは健康に悪影響を与えてしまいがちなんです。血液循環の悪化、むくみ、また消化を遅らせてしまうことがあります。

―オーバーン大学の研究者による最新の結果によると、女性の方が男性よりも4倍近く、足の問題を抱えているという事が分かりました。例えば関節痛、足のタコ、足首の捻挫、変形性関節症、そして神経損傷などです。

―Tバッグを良く履くという人は、このタイプの下着が、痔、膣の感染症、不愉快な刺激、そして肌荒れといった、あらゆる健康トラブルを引き起こすという事を頭に入れておきましょう。

―ある研究によると、耳のピアスの20%は細菌感染症を発症するそうです。その上、誤った処置が行われた場合、将来的に命を危険にさらす可能性のある感染症に繋がる事があります。

―洋服の危険な害…。実はこれ、女性だけに言えることではないんです。コーネル大学の調査によると、67%の男性が、自分の首より小さいシャツを買うそうです。小さいシャツとタイトなネクタイによって血行が悪くなり、眼圧を高め、頭痛を引き起こし、首の動きが制限され、背中と肩の筋肉の緊張も高めてしまうんです。

―ブラのサイズが間違っていると、背中、首、脊髄の痛みなど、さまざまな問題の発生に繋がります。ブラを買う時は、しっかり試着してから買うようにしましょう。

―ビーチには、必要不可欠な履物ですよね。ですが、ビーチサンダルは思っている以上に安全ではありません。むしろ、足を危険にさらしています。このタイプの履物によって、足に傷ができ、感染の恐れが高まります。

―特にデートの時は、どんな女性もスリムでフィットに見せたいですよね。ですが、タイトなガードルは良い選択肢ではありません。息切れや筋肉痛、そして血行不良に繋がる事があるんです。

―多くの女性は、ハンドバッグに必要なものをたくさん詰めて持ち歩きます。ですが、体の片方でばかり重たいバッグを持っていると、筋肉痛を引き起こし、関節が損傷を受ける可能性があります。

―ペンシルスカートやパイプスカートは、足同士が引っ付くようデザインされています。ですので、バランスを崩して、こけてしまう可能性が大きいんです。普通に歩いている時や、車に乗るときも、動きが制限されてしまいます。そのようなスカートは、筋肉の緊張と膝奇形を引き起こす可能性もあるので気をつけましょう。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です