車トラブルで役立つ簡単テク9選

都会に住んでいなければ、1日1時間は車を運転しますよね?それは長い時間ですが、特に困難な状況で役に立つ、運転を少し楽にしてくれるテクニックは、熟練したドライバーでも知らないものです。快適にリラックスして運転したい方は、危険な状況を避ける方法を知っているべきです。

例えば、匂い付きエアフレッシュナーが車にダメージを引き起こすことは知っていますか?駐車場でもウィンカーを出すことが重要な理由を知っていますか?タイヤの代わりに丸太を使うことはできますか?ドライバーが知っているべき、車のコツをご紹介!

タイムスタンプ:

駐車場でウィンカーを出す 0:25

ガソリンポンプを動かす方法 1:06

効果的なフロントガラスクリーナー 1:52

雪を払い落とすのに、ブラシを使わない2:59

ハンドルが振動する理由 3:48

ヘッドライトの曇りを防ぐ方法 4:49

匂い付きエアフレッシュナーが及ぼすダメージ 5:33

匂いに対処する方法 7:00

エンジンを切ってオイルゲージを確認 7:57

ボーナス:足りないタイヤを丸太で代用? 8:31

#運転のコツ #運転テク #運転ハック

概要:

-駐車する場所を探している時にウィンカーを出すことは、本能のようなものですよね。他のドライバーや歩行者は、超能力者ではありません。そのため、あなたの車がどこへ向かうかは皆目見当もつかないわけです。

-時々、車にエンジンがかからないことがありますが、その理由の一つが、ガスポンプの問題。これが消耗したり、時間と共に弱くなったりしてしまうんです。しかし、これを改善させるためのテクがあります。キーをイグニッションから取り出して、もう一度差し込んでください。ただし、すぐさまエンジンをかけないようにします。

-スプレーボトルを取り出して、水でいっぱいにして、大さじ2杯分の台所用洗剤を入れて、あら不思議、効果的でほぼ無料のフロントガラスクリーナーの出来上がり!

-雪の降る冬の季節には、雪を落とすのにブラシは絶対に使わないでください。車のボディーからブラシで雪を落とさないでください。ペイントにキズが付きます。あなたの車を美しく輝かせるためには、忍耐強くいて、雪が溶けるまで待ちましょう。

-いらいらしなくて済むような冬のテクニックがもう一つ存在します。

雪の日に運転していて、ハンドルやタイヤの振動を感じることはありますよね。いらいらしなくて済むような冬のテクニックがもう一つ存在します。雪の日に運転していて、ハンドルやタイヤの振動を感じることはありますよね。

-高速道路を運転していたり、田舎道を走っていたりするとき、小石が飛んでくることがあるかもしれません。長時間道路を走行する予定で、雨が降りそうな場合は、このダメージが原因でヘッドライトが曇る可能性があります。

-匂い付きの貼り付け式エアフレッシュナーを使わないでください。海辺のそよ風や熱帯地方のような香りを出してくれる有効化学成分は、ペイントをダメにして、色をくすませてしまうことがあります。

-車の空気の入れ替えをする時、斜め向かいの窓同士をあけるようにしてください。例えば、運転席の窓を開けたら、後部座席の左側の窓を開けましょう。フロントの窓だけを開けても、空気が後ろに吹かれて吹きだまります。そのため、臭いにおいは消えてはくれません。

-ガソリン量を確認することは重要なことです。定期的にチェックするようにしましょう。ただし、エンジンを切っている際に行ってください。動いているエンジンのオイルゲージを確認しても、正確な結果を得ることはできません。

-丸太を見つけて、これをバンパーに付けて、それから、車体の下までのばして、後車軸に付けます。こうすることで、出来合いのタイヤ、またはそりとして機能してくれます。これは、曲がらない後部のタイヤにしか使えない技です。ゆっくり慎重に運転しさえすれば、実際に使える方法です!

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です