28人の船員が南極で遭難!?史上最大のサバイバルストーリー 2

アーネスト・シャクルトンはイギリスの船員で、探検家として既に伝説の人物です。そんな彼は、ある時あの有名な南極探検隊を作ると決めました。彼の新しい「危険な旅」については、すぐに新聞によって噂が広まり、シャクルトンの元には、大勢のボランティアが集まってきました。そして、慎重に27人の男性を選んだんです。選ばれた男性らは、誰もが鋼のような男で、大きな目標を掲げる事になるとしっかり心に刻んでいました。

彼らと一緒にアーネスト・シャクルトンは、南極を越えて北極の全大陸を渡るという決意をしたんです。1914年、彼らはエンデュランスと呼ばれる船に乗ってサウスジョージアのほとりを去りました。そしてこの旅が、史上最大のサバイバルストーリーとなったのです。

関連ビデオ:

野生動物に襲われても助かるための13のポイント https://youtu.be/VsmjbL4cD-Q

タイタニック号沈没の真相に迫る! https://youtu.be/ulLhiOv7RU4

歴史学者がついに暴く、イースター島の真実  https://youtu.be/_2g46Ild2N8  

タイムスタンプ:

危険な旅のアイディア 1:07

船の大きな弱点 1:41

凍った海を渡るのには悪い年 2:33

シャクルトンの日記  4:43

氷の上を漂流  5:53

助けを呼ぶ 7:08

なんてミラクル! 10:02

#南極 #船員 #危険

概要: 

―実際のところ、アーネスト・シャクルトンは広告の力を借りる必要はありませんでした。彼はイギリスの船員、探検家として既に伝説の人物だったんです。1908年に、シャクルトンはイギリス南極探検隊を率いて、南極大陸のビクトリアランド高原地域を要求しました。

―1914年、12月5日に、彼らはエンデュランスと呼ばれる船に乗ってサウスジョージアのほとりを去りました。当時、エンデュランスは氷を対処するのに最も適した船だったんです。

―とは言え、大きな弱点が一つありました。確かに氷は粉砕するように設計されていたのですが、氷に閉じ込められた時に、維持できるようには作られていなかったのです。

―もともと、シャクルトンらは、氷が船の周りに蓄積しない事を望んでいましたが、1月24日には船体にかかった圧力が徐々に悪化するという事が明らかになりました。

―どんなに頑張って氷や雪を落としても、船への圧力は、ただただ上昇するだけでした。そして、春が来てもエンデュランスが必要としていた救済を、もたらしませんでした。時々、船員たちは不快なパチパチといった音や、衝撃音が聞こえたそうです。

―10月27日、ついにシャクルトンは、部下に船の放棄を命じました。船へのダメージがあまりにも大きすぎたためです。そして、彼はメンバーに家に帰れるという約束をしました。

―疲れ果てた28人の船員にとって、しっかりとした地面を踏むという事は、何よりも幸せなことだったそうです。陸上にたどり着いた最初の日は、誰もが必死に食料を補充しました。

―シャクルトンは、諦めて部下を放っておくような男ではありません。むしろ、救命ボートと5人の男性と一緒に、助けを探すために海に出ました。

―5月10日、彼らはついにサウスジョージアの海岸にたどり着きました。もちろん温かいベッドや食事が岸でお出迎えしてくれるわけではく、そこは岩の多い崖が立ちはだかり、着陸する場所が全くありませんでした。

―そして最後の山の尾根に到達し、限界に達した時、突然なじみのある音が彼らのエネルギーを呼び戻しました。それは、捕鯨者たちを起こすための口笛の音。

―捕鯨者たちはシャクルトンの事を知っていましたが、この時点で彼を認識することは困難だったのです。でもその状況の悪さに危機を感じ、すぐにエレファント島で残されたメンバーを救助しました。そして奇跡的に、全員が無事だったのです!

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です