人類以前の地球に起こったこと

46億年前の地球とはどんな風だったのでしょう?慣れ親しんだブルーでグリーンの球体ではありません。溶けた溶岩に覆われ、すい星や小惑星が降り注ぐ、巨大な岩のようです。生命の形跡はまだありません。 この時代はおよそ6億年続きました。

月が地球を回り始めてすぐ、地球の自転が一日24時間のサイクルにスローダウンします。さらに、激突の衝撃で地球は傾き、四季が現れ始めます。まだ生命の存在はありません。でも、すぐですよ!気候が緩やかになって安定し、地表の温度が下がり始めました。ここから色んな事が起こります。水蒸気が凝縮して海となり、大陸も形成されました。正確に言えば、一つの超大陸ですが。 そこから何百年もたって…

タイムスタンプ:

46億年前の地球 0:44

月はどう形成されたのか 1:29

地球上初の生き物2:36

酸素はどこから来たのか3:22

初の氷河期4:34

最も美しい地球の発展期5:43

2つの大きな絶滅 😞 7:00

ゴキブリが現れた時8:10

恐竜の終焉 9:16

初の人間! 10:21

#地球 #恐竜 #氷河期

Music by Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

概要:

-月が地球を回り始めてすぐ、地球の自転が一日24時間のサイクルにスローダウンします。さらに、激突の衝撃で地球は傾き、四季が現れ始めます。これが、太古代の始まりです。

-気候が緩やかになって安定し、地表の温度が下がり始めました。ここから色んな事が起こります。水蒸気が凝縮して海となり、大陸も形成されました。

– シアノバクテリアのお陰で、新しい時代が始まります。原生代です。これは、25億年前に始まりました。私たちシアノバクテリアが大気を酸素でいっぱいにするのに、15憶年かかったというのは、計算すればわかりますよね。.

-生命が多様化し、多細胞生物が現れ始めました。 あぁ、でも悲しかな、長くは続きません。温室効果が弱まって、地球の気温が急激に下がります。そして、3億年続く、初の氷河期を迎えます。

-私たちは地球の成長のとても美しい時代を目にしています。これが、古生代です。この時代は、カンブリア紀と呼ばれる、生命の爆発と共に、5億4100万年前に始まりました。

-古生代のデボン紀に入って、4億1500万年前ごろに、地球は大変身を遂げます。うっそうとした熱林が広がり、魚や他の海の生き物が海にあふれ、脊椎動物が地上を歩き回り、昆虫が這いずりまわっていました。

-温暖化の大きな環境変化によって、多くの動物や植物は生き伸びることが出来なくなりました。だから、地下に埋まり調理されたんです。

-古生代最後のペルム紀と、三畳紀に、小惑星が地球に衝突し、およそ96%の生命が死に絶えます。

-始めの5100万年は、爬虫類の進化が顕著でした。三畳紀は、有名な恐竜時代への入り口のようなものです。

-恐竜はパンゲア大陸という超大陸に住んでいました。しかし、恐竜時代の終盤、地殻運動によって大陸が分裂し、現在知られているような、より小さな大陸に分かれます。

-時が経ち、新生代に入ります。巨大爬虫類たちの終焉です。ホントまたかって感じですけど、大きな小惑星が再び地球を直撃し、6600万年前、恐竜は急激な気候変動で絶滅。

-鮮新世(せいしんせい)は、皆さんの祖先の誕生を目撃しました。それから更新世にかけて人間は進化して、10,000年前に完新世が始まります。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です