食事制限なしで減量する6つの簡単エクササイズ

健康な食生活を守って、定期的に運動して、水をたくさん飲んでいるのに、何も起こらない。体重計の数字が全く変わらない!あるいは、顔のむくみ、体のむくみ、肌トラブル、セルライトが見られますか?リンパ系の機能が低下している兆候です。常に動いているポンプを思い浮かべてください。きちんと機能していなければ、リンパ腺はよりゆっくりと循環します。すると、毒素が体内に蓄積されて、不要なストレスで内臓が影響を受けます。

リンパ腺の流れを良くして、体重を減らして、気分を改善するためには、次の簡単ルールに従いましょう。アクティブにいて、水分摂取量を増やし、簡単なリンパ液排出マッサージとエクササイズをする!これによって、リンパ腺の循環が良くなります。今はあまり運動をしていない人に、特にメリットがあります!

タイムスタンプ:

鎖骨マッサージ 1:36

ショルダー・シュラッグ 2:15

フィート・ローリング 2:51

みぞおちマッサージ 3:20

「日本式ブルブル」運動 3:57

「カエル」運動 4:33

クランチ 5:00

挙手跳躍運動 5:31

リンパ腺フェイスマッサージ 6:14

#フェイスマッサージ#食事制限なし #減量

概要:

– 妊娠中の方、ガン患者、体に炎症が見られる方、足や体に血栓がある方には、ご紹介した方法は向いていません。リンパ腺炎症、またはリンパ節腫脹を患っている場合も、これらの方法は避けた方が良いでしょう。

– このテクニックでは、完全に平らな場所に仰向けに寝転がります。胸の前で手を組んで、左手の指を右側の鎖骨の下に、右手の指を左側の鎖骨の下に置きます。ここから、肘をあげて、指で優しくこれらの部分に圧力を加えます。

– 立ち上がるか、快適なポジションで座ります。背筋をまっすぐさせてくださいね。息を吸い込んで、肩を耳に向けて上げます。その状態を数秒維持し、息を吐き、肩を元の位置に戻します。15回ほど行います。

– 足を並行にして、まっすぐ立ってください。つま先で立って、一瞬このポジションで固まります。それから、もともとの姿勢に戻って、かかとに重心をかけ、つま先を浮かせます。

– このマッサージは、立っていても座って行っても構いません。背中をまっすぐに保ちましょう。親指と人差し指を合わせます。このポジションから、息を吸い込んで、指をみぞおちのあばらの下の部分においてください。背中を丸めて、この部分を押して、息を吐きます。

– 響きだけで楽しそうな「日本式ブルブル」運動は、平らなところで、まず仰向けに寝転がります。腕と足を宙にあげて、少しだけ足を曲げます。すべてを同時にブルブルと振って、体をリラックスさせるようにしましょう。

– 平らなところで座って、足を曲げて、両足が触れるようにします。手を膝に置いて、跳ねるように素早く押します。

– 平らな場所に仰向けで寝転がって、足をまっすぐに保ちます。息を吸って、足を曲げて、胸の近くに足を寄せ、息を吐いてから、元の位置に戻ります。

– 挙手跳躍運動を行うためには、じっと立って、足を合わせて、腕を体のサイドに置きます。このポジションから上に飛んで、足を肩幅ほど広げ、頭の上で腕を広げます。それから、素早く元の位置に戻ります。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です