上腕三頭筋を効率よく鍛える方法

太い腕が自慢のあなた。上腕筋イコール上腕二頭筋のことだと思っていませんか?上腕筋の3分の2は、実は上腕三頭筋が担っているんです!しかし上腕三頭筋は鍛えづらい箇所… 日常生活でもそこまで使う筋肉でもありません。すなわち、三頭筋を狙い撃ちしたエクササイズをしなければ、あなたの腕は見た目弱々しいものとなってしまうのです!

太い「腕」という強い「武器」を手に入れたいのなら、今こそ三頭筋を鍛える時です!今回、私たちはあなたの夢を叶えるための8つのエクササイズをお教えします!

タイムスタンプ:

トライセップ・キックバック 0:28

クローズハンド腕立て伏せ 1:26

EZバー・スカルクラッシャー 2:27

ケーブル・トライセップ・エクステンション 3:30

ダンベル・テイトプレス 4:19

ディップス 5:22

トライセップ・プッシュダウン 6:10

クローズグリップ・バーベルベンチプレス 7:11

上腕三頭筋の間違った鍛え方 8:21

#上腕三頭筋 #バルク #ジムライフ

概要:
-肘が外に広がらないようにしましょう。胸筋に必要以上の負荷がかかってしまいます。言い換えれば、上腕三頭筋以外のところばかりに負荷が分散してしまうのです。そのため、ウェイトトレーニングをする時は常に肘を締めて行いましょう。

-クローズグリップ・ベンチプレスを行う際、手と手を寄せすぎることもよくありません。「クローズグリップ」という名前であるため、多くの人が意味を極端に捉えてしまうのです。それは効果的でないだけでなく、両手が近すぎることで、重傷を負ってしまう可能性すらあります。バーベルのバランスを取るのにグリップが狭ければ、安定しませよね?それがどれほど危険かは、言わなくてもわかりますよね。手首や肘にあざを作るだけならまだしも、腱を伸ばしてしまえば、「痛い!」だけじゃすみませんよ。

-上腕三頭筋を鍛える際、いきなり始めようとしてはいけません。他の筋肉を鍛える時だって、まずはウォームアップするでしょう?三頭筋だって同じです。肘の関節を動かして温めたら、1つずつ関節を動かす運動をしましょう。

-頭上に持ち上げたり、下に押し込んだりする形のエクササイズを軽視しないでください。まず前者について話しますと、上腕三頭筋の一番長い筋肉を鍛えられる唯一の方法は、この頭上に持ち上げる運動だけなのです。

-後者の場合は、忘れられがちな上腕三頭筋内側の筋肉を鍛えられます。たしかに三頭筋の中でも小さい部位ではありますが、重要性は決して低くはありません。なぜなら、この部位は肘を安定させるのに使う筋肉だからです。三頭筋のトレーニングをする時は、リバースグリップをいくつか加えるようにすることをお勧めします!

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です