フルーツと野菜をより新鮮に長く保存する方法

フルーツや野菜を腐らせてしまって、捨ててしまったことはありますか?フルーツも野菜も完熟していくため、最終的に食べきれずに捨ててしまうことになります。

きちんと保存することで、お金を無駄にせず、フルーツや野菜が早く腐ってしまうことを阻止できます。住んでいる場所の気候も考慮することが重要です。これは食べ物の熟成に影響します。湿気が多く暖かい場所では、野菜へのリスクはさらに高まります。今回は、食料を長持ちさせ、新鮮にパリパリに保つためのアドバイスをご紹介しましょう。

タイムスタンプ:

冷蔵庫を清潔に保つ 0:25

ニンニクは暗所保存 1:06

ジャガイモは冷暗所で保存 1:43

アボカドをより早く熟させる方法 2:00

トマトは冷蔵保存しない 2:21

マッシュルームはパセリが入った紙袋で保存 2:40

イチゴを消毒するにはホワイトビネガー 3:01

スムージーのためにバナナを凍らせる 5:13

シトラス系のフルーツはカウンターで保存 6 :04

パプリカは紙袋に入れる 6:20

ガスコンロ付近では、フルーツや野菜を保存しない 7:03

芽が出ないように、ジャガイモはリンゴと一緒に保存 7:24

セロリにアルミホイルを巻く 7:40

根類は、冷凍保存 8:01

ガラス製の容器を使用 8:16

ニンジンは、葉の付け根部分をカット 8:37

きゅうりは、冷蔵庫に入れない 9:03

#新鮮フルーツ#新鮮野菜 #野菜の保存

概要:

– 湿気が多いと、玉ねぎはすぐに腐ってしまいます。だから、冷暗所で保存しておくほうがベターです。タイツの中に入れてつるしておけば、最大8カ月持ちます。

– パセリ、コリアンダー、バジル、アスパラガスの茎は、水が入った容器に入れて、室温で保存してください。冷蔵庫に入れておきたくなければ、お花のように扱いましょう。

– プラスチック製のバッグは、ジャガイモの保存には向いていません。紙やメッシュのバッグの方が良いでしょう。

– 袋に入れて冷蔵庫で保存し、少しパセリを入れましょう。抗酸化物質が含まれており、染みを防ぎます。

– シャキシャキしていない葉物野菜なんて嫌ですよね?これを避けるためには、流水で十分に洗ってから、完全に乾かします。その後、冷蔵庫に入れてください。

– アボカドを半分に切ったら、実の部分にレモン汁を垂らすか、食用油を少しぬって、茶色になってしまうのを防ぎましょう。

– 皮をむいた状態で最長4日間ほど保存するためには、水がたくさん入った容器に入れて、数滴のホワイトビネガーを垂らし、冷蔵庫に入れましょう。

– シトラス系のフルーツは、直射日光を避け、室温で、開けた場所で保存するべきです。こうすることで、カビの増殖や腐敗を防ぎます。

– 切られていない状態のパプリカは、紙袋に入れておくと、パリッとした食感を保ち、湿気の蓄積を軽減します。湿気こそ、まさにカビの増殖の原因。カットされているのであれば、ペーパータオルで巻いて、密閉容器に入れましょう。

– ガスコンロ付近、熱や煙が出る周辺では、フルーツや野菜を保存しないでください。エチレンガス同様、天然ガスは完熟プロセスを促進させます。

– リンゴはジャガイモの親友。芽が出ないようにしてくれるんです。しかし、玉ねぎはよくありません。ジャガイモを早く腐らせてしまいます。

– ジュースや料理に根類を使用するのであれば、凍らせても簡単にすり下ろせますよ。保存期間も断然長くなるんです。

– 緑の部分は水分を吸うので、ニンジンがすぐにふにゃふにゃになってしまいます。だから、葉の付け根部分を切り落として、皮をむかずに、ニンジンをジップロックに入れて冷蔵庫保存するのがおすすめです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です