空港から出ずに1000回以上飛行機に乗った男

1932年に生まれたオランダ人のヤン・ムル氏は、20年以上もの間、毎週水曜日に異なるヨーロッパの街へと飛んでいました。その結果、彼は1000回以上も飛行機を利用することになったんです。

飛行機旅行こそが、ムル氏の趣味。情熱そのものでした。飛行の前日も、飛行の最中も、飛行後の日々も、全てが楽しい時間でした。週の頭に、彼は旅の準備をし、フライトの当日は大興奮し、旅の後は、その旅の詳細を、愛する人に語ったのだと言われています。

タイムスタンプ:

もっと乱気流をくれ! 1:15

到着した空港から一歩も出なかった男 2:06

彼が最も楽しんだものは 2:51

ムル氏を記念して航空会社が行ったことは 3:23

3800万マイルも貯めた男 5:15

どうやってエイズ患者を助けたのか 8:28

剥奪された彼の特権 8:43

概要:

-さすがのムル氏でも、妻を同じ趣味に洗脳することはかないませんでした

-ムル氏のヘンテコな趣味。行き先はどこでも構いませんでした。特にどこか特別に行きたい場所があったわけではなかったんです

-彼は到着した空港から、一歩も外へ出ることはありませんでした。パリやミュンヘン、オスロへ到着しても、空港をただぶらついて、帰るだけのサイクルを繰り返していました

-ムル氏は82歳で亡くなりました。彼がストックホルムへの最後の旅をした数日後の出来事でした

-ムル氏が常に利用していた航空会社は、彼を記念して、ムル氏の妻と孫をフライトへ招待しました

-ムル氏の飛行癖にも負けなかったのが、3800万マイル貯めた男

-ジャックス・ブルーム氏は、ローンを組み、ファーストクラスの生涯パスを購入しました。そのパスは現在の価格で8700万円以上だったと言われています

-週に4回のフライトを利用していた彼もまた、飛ぶことが何よりも楽しい人でした

-12歳の娘を化粧品店へ連れて行くためだけに、ダラスからロンドンまで飛行機を利用したことも

-エイズ患者に世界を見せるため、貯めたマイレージを使用したこともありました

-数年前、航空会社はブルーム氏のパスによって年間100万ドル分のサービスが使用されていることを知り、彼の権利を剥奪してしまいました

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です