西部開拓時代に終止符を打った発明とは?

カウボーイという言葉を聞くと、なんとなく想像ができますよね。西洋映画の助けもあって、イメージもし易いですよね。では、実際に西部開拓時代がどのくらい続いたのか知っていますか?んー、100年くらい?いいえ、違います!なんと、たったの30年しか続かなかったんです!現代でも使われている、とある発明が原因で、この時代は終わりを迎えました。

カウボーイは放牧地に関する規則のみ従って生きていたので、農民はどうにかして自分たちの領土を区別し、自由に動く牛によって作物が踏みつけられないように防ぐ必要がありました。木を使ってフェンスを作る事もできましたが、大草原でこの資源は一般的ではなかったため、お金や時間がかかるという悩みがありました。彼らは一体、どうしたのか?

関連ビデオ:

歴史学者がついに暴く、イースター島の真実 https://youtu.be/_2g46Ild2N8  

タイムスタンプ:

現実では、あの象徴的なカウボーイの帽子は被られていなかった 1:01

牛には境界線がない 2:25
なぜ悪魔のロープと呼ばれていたのか 3:08
農民がどのようにして食料を守ったのか 4:55
有刺鉄線を使ってお金を稼ぐ方法 6:55
フェンスカットの戦争 8:50

#カウボーイ #西部開拓 #発明

概要: 

―みなさんの想像するカウボーイとは、どんな感じですか?恐れ知らずでマッチョで、帽子を被った投げ縄の名人。そして、行先はいつもの酒場。実際には、カウボーイと呼ばれる人たちのほとんどは文盲の牛使いでした。

―その時代こそがまさに西部開拓時代と呼ばれていて、内戦が終わった1865年から1895年まで続いたんです。

―19世紀に入った頃、アメリカはそこまで大きくありませんでした。 どちらかというと、大陸東部の小さな地域を占めていたんです。

―牛使いは一つの規則で回っていました。それは、牛には境界線がなく必要に応じて牛群が新しい牧草地や水源に移動したり、寒い冬の間は南に移住ができるという放牧地に関する規則。

―実際は、西部地方は「悪魔のローブ」と呼ばれるものによって台無しになったそうです。今で言う、有刺鉄線。

―ジョセフ・グリデンの有刺鉄線の発明ですべてが変わりました。とは言え、これはそこまで革命的な概念でもありませんよね。というのも、19世紀だけで何百もの有刺鉄線モデルが特許を取得していたんです。

―5年間で、売り上げたワイヤーは50キロ分から423キロ分までと一気に伸びました!ちなみにこれは、赤道が10周できるくらいの長さですよ!

―もう一人、有刺鉄線に大きく影響を与えた人が、ジョン・ワルヌ・ゲート。彼は多くの有刺鉄線を売り、見物人との賭けによって大金を稼いだんです。

―結果、農民たちは安く土地に境界線を作る事に成功し、新聞はそれを「時代の最大の発見」と呼びました。

―「フェンスカットの戦争」というのが、ついに現実のものとなりました。カウボーイはブルーデビルズやジャベリナスのようなマスクを着用してギャングを形成し、夜間にワイヤーを切って水や牧草地に足を伸ばしたんです。

―西部開拓時代は前ほどワイルドではなくなりましたが、放牧地に関する規則もなくなり、カウボーイは歴史上の人物となりました

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です