1年で52の砂浜を掃除した70歳のおばあさん

春の大掃除は終わりましたか?私たちが、おうちのお部屋のどこから掃除しようと悩んでいる間に、海岸を掃除して回ったとあるおばあさんのお話をしましょう。その人の名前はパット・スミス。

プラスチックゴミの脅威を特集したドキュメンタリー映画を見た彼女は、夜も眠れなくなってしまい、ついに行動を起こすことを決意。コーンウォール出身の彼女は、周囲の砂浜を次々に掃除していったのです。その数、なんと1年で52箇所!

タイムスタンプ:

全ての始まり 1:10

パットおばあさんの使命 1:53

全てのプラスチックは人間よりも寿命が長い 2:41

土や水は汚染されている…… 4:28

世界からプラスチックをなくすにはどれだけかかる? 8:21

概要:

-2018年、毎週1箇所ずつ砂浜を掃除して回ったパットおばあさん。地元の支えもあり、実際にその偉業を成し遂げました

-彼女はファイナルストローと呼ばれる活動も開始。使い捨てのプラスチックストローゴミの削減に力を注いでいます

-プラスチック汚染の主な原因は使い捨てプラスチック。それらは人間よりも長生きで、環境や野生動物に与えている影響は計り知れません

-現在、海にたどり着いるプラスチックゴミの総量はわかっていません。ジョージア大学の予想では500万トン〜1400万トンだろうと言われています

-海や湖に至ったマイクロプラスチックは、水道水や食肉用の家畜の飲み水となり、土壌を汚染します

-パットおばあさんは、様々なカフェやレストランにプラスチック製ストローの使用をやめさせることに成功しています

-世界にある92億トンのプラスチックゴミを消し去るには何世紀もかかると言われています。おばあさんの活動はまだほんの始まりにすぎません

音楽:

Epidemic Sound https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です