乱気流によって飛行機が落下する事はありえる?

信じられないかもしれませんが、数学者も物理学者も乱気流の謎を解決していないんですよ!乱気流は外から見ると単純に見えるんですが、この現象の根底にある物理については、ほとんど分かっていないんです。また、完全に回避する方法も明らかになっていません。

簡単に言うと、乱気流は混乱と一緒。飛行機が飛んでいる間に、エネルギーが空中で爆発した時に起こります。そして、何よりも不愉快なのが、いつ揺れるのか予想が付かないという事。予測ができないという事は、危ないという事?乱気流によって落下するくらい飛行機にダメージを与える事はある?疑問がたくさんあると思います。

関連ビデオ:

あなたの命を救う、12の応急処置 https://youtu.be/6VnD_XF8qq4

正しく選んで生き残れ!5つのサバイバルクイズ https://youtu.be/LU8pZpJwiqk  

タイムスタンプ:

乱気流とは? 1:44

乱気流が起こる可能性 2:47

パイロットは乱気流の影響を最小限に抑える事はできるの? 3:34  

乱気流は飛行機にダメージを与える? 4:20

自分自身を守る方法 5:32

概要: 

―簡単に言うと、乱気流は混乱と一緒。飛行機が飛んでいる間に、エネルギーが空中で爆発した時に起こります。そして、このエネルギーが、気流の圧力や速度の変化を起こすんです。

―飛行機が上昇気流と下降気流のポケットでもある渦の中で飛んでいる時に乱気流が起こります。例えば、風が強い時に飛行機が離陸したり着陸したり、雲の層や山の上を飛んだりする時など、さまざまな状況で発生するそうなんです。

―気象レーダーが、近くで起こっている嵐や乱気流についてパイロットに知らせてくれるため、地域についての情報が事前に手に入るそうです。場合によっては、自動ではなく手動で対処する事もあります。また、飛行機のルートは、乱気流のリスクが最小限になるように、計画されています。

―飛行機はすべて、耐えられるように作られています。その上、飛行機には、大きな安全マージンがあるので、どんなにひどい乱気流でも限界を超える事はありません。

―あまりにも堅い翼は、極端な条件で壊れてしまうため、飛行機の翼は柔軟性が大事なんだそうです。高層ビルの作りと一緒。少し揺れる方が、強いということ。

―客室乗務員が、「席についてシートベルトを締めてください」と言った時、どんなにお手洗いに行きたくても行けないですよね。それでも、言う事を聞いた方が安心です。

―高い高度で起こる、最も激しい乱気流が、突然起こり得る可能性があります。そんな時はパイロットが、潜在的な危険について、乗客に警告する時間がない場合もあるんです。

―フライト中にシートベルトを締めることはもちろん、着陸前にお手洗いに行ったり、離陸後にシートベルトを外さない事が何よりも大切です。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です