コップ1杯の水で免れた飛行機墜落

この機体は過去20年間使用されており、これまでに何の問題もなく、事故も起こしていませんでした。そのため、キャビンクルーは、今回のフライトも、特に問題ないと確信していたのです。乗客が機体に乗り込みます。フライトアテンダントは、淡々と搭乗券を確認。すべては通常通り。機長が乗客にあいさつをして、機体は飛び立ちます。

この後起こった出来事はかなり恐怖でした。電気なし、すべての機器がダウン、近くに空港もない…。あるものといえば、シベリアの雪の森に、半分忘れ去られた滑走路のみ。乗客を乗せたままの不時着ほど恐ろしいシナリオは、なかなか思いつかないですよね。なので、全員が安全で無事だったというのは、本当に奇跡です。これも全て…、コップ1杯の水のお陰

タイムスタンプ:

トラブルの初めの兆候 1:05

欠陥だらけの飛行機 2:19

コップ1杯の水 3:07

着陸する場所はみつかったものの… 4:17

パニックなし 6:57

着陸 7:28

飛行機に起こったこと 9:52

概要:

– この機体は過去20年間使用されており、これまでに何の問題もなく、事故も起こしていませんでした。そのため、キャビンクルーは、今回のフライトも、特に問題ないと確信していたのです。

-電子機器に異常が現れたのです。しかし、パイロットたちは、この問題に対してはそこまで気にせず、フライトを続行。航空交通管制も問題を見過ごしてしまいます。

– そのアナウンスから8分後、機内の電気が消えてしまいます。これに気づいたのはフライトアテンダントのみでしたが、特に問題ないと思っていました。しかし、コックピットでは、事態は急変。

– 機材が機能していなければ、飛行機の完全な操作が難しくなります。まだ動かすことは可能でしたが、すべてのナビシステムが機能しておらず、ラジオはオフラインの状態で、燃料移送ポンプも機能しなくなったのです。

– 下降していく際の角度調節が電子機材なしでは不可能だったため、現在では使われていない古いトリックを使用します。それが、コントロールパネルに、コップ1杯の水を置くという方法。

– 後のインタビューで、機長はイズマの街の近くに、滑走路を発見することができたのは、本当に幸運であった、と話しています。長い間使用されていなかった古い空港で、ヘリコプター以外の航空機には使用されていませんでした。

– 空港自体は放置されていたものの、自身の意思で、ソトニコフは滑走路の状態を何年も守り続けていたのです。伸びてくる雑草を切って、ゴミをはいて、薄くなった滑走路の線までを書き直していました。

– 着陸のための最後の試みの前に、緊急避難に備えて、すべての乗客とキャビンクルーは、飛行機の前方に集められました。

– 緊急避難スライドが発動し、9人のクルーと共に、72人全ての乗客が、安全に地上に避難しました。かすり傷を負った人すらいなかったんですよ。

– 幸運な乗客とクルーは、ヘリコプターで、近くのウフタへ輸送され、そこから別の飛行機でモスコに向かいました。そんな経験をした乗客の中の一家族は、もう飛行機はこりごりだと言い、電車で移動したそうですよ。

– 機長のユフジェニー・ノヴォソロフと副操縦士のアンドレー・ラマノフはロシア連邦英雄となり、残りのキャビンクルーには、オーダーズ・オブ・カレッジを授与。

– その後、機体は7年間も従事し続けます。イズマというニックネームを得て、2018年の9月、最後のフライトを終えました。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です