フリーダ・カーロの悲劇的な物語

彼女の絵はまさに唯一無二といった異彩を放っています。
彼女の象徴となったこの一本眉。
一度会ったら二度と他の誰かと間違えるようなことはないでしょう。
フリーダ・カーロは本当の強さを持った女性です。その生涯にわたる挑戦と苦難からインスピレーションを受け、彼女は素晴らしい作品を生み出し続けました。

彼女はどうも生まれたその時から秘密のベールに包まれていたようでした。
例えば生まれた年は1907年とされていましたが、のちに1910年だと本人が訂正しています。3歳若く見られたい、というわけではなく、1910年から1920年まで続いたメキシコ革命と関係があるようです。

タイムスタンプ:
フリーダが笑われた原因 1:27

どうしてカチュチャスリーダー格になれたのか 2:18
恐ろしい事故 3:03
フリーダの最初の絵 3:53
二つ目の事故…それはディエゴ・リベラ 4:27
レオン・トロツキーとの関係 5:44
なぜフリーダは鬱へと沈んでいったか 6:13
彼女の代表作 6:25
晩年のフリーダ 9:20

#フリーダ・カーロ #悲劇 #有名なアーティスト

サムネイル写真のクレジット:
出版社コンデ・ナスト・メキシコ社によって公表された画像。2012年11月にVogueメキシコの表紙を飾ってメキシコの好機がかフリーダ・カーロ。フリーダがファッション誌の表紙を飾るのは初めてのことで、1939年にハンガリーの写真家ニコラス・ムーラによって撮影されました:コンデ・ナスト・メキシコ出版社提供/AP/East News, https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/20140429/i/93/t/127

アニメーション作成:ブライトサイド

概要:
-幼少期、フリーダは病弱でした。6歳の時、彼女にポリオの診断が下されます。彼女が足を生涯足を引きずって歩いていたのはこの感染症がきっかけだったと言います。彼女の足は左右で違ってしまっています。右足が左足より少し細いのです。

-そんな健康問題を抱えていたからでしょう。フリーダは始め医者を志しました。
彼女はメキシコシティにある国立予科高等学校というメキシコで最高の高校に入学したのです。

-18歳の時、この未来のアーティストは恐ろしい事故に遭遇します。バスで旅行をしていた時でした。バスが路面電車に衝突したのです!鎖骨、肋骨を2本、そして脚部を骨折し、足は潰れ肩は脱臼していました。

-フリーダの鋼の精神は事故などでは壊されませんでした。数週間意識不明状態が続きましたが、目が覚めるとすぐに父親に画材を買ってもらうよう頼んだのです。

-フリーダはこう語っています。「私の人生には二度の事故がありました。一件はバスが路面電車と衝突した時、もう一件はディエゴです」
事故から数年後、彼女はディエゴ・リベラと出会いました。

-しかし夫としてのディエゴは良い人物ではありませんでした。それまでに二度離婚歴がありますが全て彼の浮気が原因です。そして三度目の結婚も例外ではありませんでした。

-フリーダは何回か妊娠を経験しましたが、不幸な事故が原因か、その全てが流産で終わりました。医者が医者に休むよう勧められても、フリーダは健康に子供を産むことができず、次第に鬱の病へと沈んでいきました。

-1939年、苦しみに耐えつつ夫との別れを選択したフリーダ・カーロは自身を象徴する自画像を描きました。「二人のフリーダ」です。
これは彼女の二面性を表しており、静脈と手で繋がっています。
左側のフリーダは傷心しており、その手にはハサミが握られ静脈を切ろうとしています。

-フリーダ・カーロは生涯で55枚もの自画像を描きましたが、そのほとんどが動物に囲まれた彼女自身を描いたものでした。彼女は動物を愛しており、ペットにも犬、サル、オウム、ハトがいました。

-1953年には足が壊疽を引き起こし切断までしなければならなかったのです。同年、彼女はメキシコで個展を開きましたが、その時はベッドに横たわり出席していました。

-自らの死期を悟っていたのでしょう。フリーダは日記にこう書いています。「終わりは喜びに満ちていてほしい。そしてもう戻ることがないことを望む」と。フリーダ・カーロは死去する8日前に最後の仕事を終えています。

音楽:
エピデミック・サウンド社提供
https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です