機内食についての疑問を解明!

飛行機の楽しみと言えば、機内食。、「ビーフ、オア、チキン?」という言葉をよく聞きますよね。そして中には、「食べるべき?食べないべき?」と思う人もいるでしょう。例えば、機内食は完全に新鮮ではないという事は知っていましたか?一般的に、機内食は口にする10時間前に調理されるんです。プラスチックを含むフライト中に使われる食器を再利用しているそうですよ!

そして、どの空港会社も最低1年前には機内食のメニューを計画している事が分かりました!「計画」というのは、サラダの上に乗っているミニトマトの数まで決めるという事。想像ができないですよね?アメリカン航空が機内食で使われているオリーブ量を少なくして、400万円も節約したという話は聞いた事ありますか?そう、計画をするのには意味があるんです。

関連ビデオ:

自宅で簡単!3日でお腹周りの脂肪を落とす卵ダイエット https://youtu.be/mSvICQ6ongE  

タイムスタンプ:

機内食を準備する場所 1:25

通常よりも調味料が含まれている理由 2:57
飛行機が遅延したら機内食はどうなる? 3:40
トマトジュース?2杯ください!5:05
再利用できる食器 6:15
水は飲んでも大丈夫? 6:46

概要: 

―機内食はすべて飛行場の近くにある陸上で準備がされるんです。世界最大のケータリング会社、例えば、LSGスカイシェフなんかはなんと15,000個ものパンを一時間で作り、30,000個ものサンドイッチを一日で作るそうです。

―機内食は調理がされてすぐに食べれる状態ではありません。例えば鶏肉はキッチンで60%調理され、ステーキは30%調理されます。

―飛行機に乗っていると、低い湿度によって鼻が乾燥します。加えて、離陸時の圧力の変化やエンジンの絶え間ない騒音のせいで、地上にいる時よりも味覚が鈍るんです。

―事前に発表された遅延がある場合、その間料理はずっと冷蔵庫の中に残ります。あまりにも遅延が長すぎる場合は、一般的に空港会社は料理を捨ててケータリング会社に交換用の出荷をお願いします。

―食事が終わると、トレーの上にクッキーだけ食べ残ってる・・・なんて事はありませんか?お腹いっぱいで、結局残す事もありますよね。開けていないし、もしかしたらこのクッキーは他のフライトで使われるだろう、と思っているかもしれませんが、残念ながらこれは違法。

―逆に、良い意味で驚いた事と言えばプラスチックを含むフライト中に使われる食器を再利用しているという事!航空会社のために料理を用意する同じケータリング会社は、大きな食器洗い場を持っていて、そこでお皿、コップ、そしてそのた食器類を洗って消毒するんです。

―航空会社は、温かい飲み物を用意するために使う水が安全であり、すべての必要な規則を満たしていると述べます。でも実際は、飛行機の水槽はあらゆる種類の細菌の遊び場となっている事が多いんです。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です