マナーの良い人になるために不可欠なエチケット習慣

「エチケット」という言葉で思い浮かべることは何ですか?何だか古めかしくて、シルクハットをかぶったジェントルマンや、ショーティーやオペラ・グローブをつけたままの手で、紅茶のカップを持つ淑女みたいなものを想像しますか?こういったものは、現代的なエチケットとは何の関係もありません。マナーが良く、礼儀正しく、尊敬できる人、と思われたければ、このトピックに関してもっとよく知っておきたいところです。

ルールは変わってきていますが、気まずくなりたくなければ、ルールに従っておくべきです。あからさまでないものもあるので、礼儀正しくいたい人は、エチケットのルールを学んで観察しましょう。例えば、メールに「ありがとうございます!」とだけ書くなら、送らないほうが良いでしょう。相手の受信箱を詰まらせるだけですよ。ですよね、私も知りませんでした🙃

タイムスタンプ:

ズボンが破けたら 0:36

友達と割り勘する時 (友達の方がたくさん食べた場合) 1:04

公共のトイレ 1:31

トイレで化粧する時1:54

鼻をかむとき 2:08

歯に物が詰まったら 2:33

社会の窓が開いていたら 2:54

匂いがきつかったら 3:33

妊婦と太めの女性の違い 4:20

自撮りする時 4:56

失礼な言葉やロゴのティーシャツ 5:11

ワインを断る際 5:22

空港でのマナー 5:34

スピーカーで話す時 5:53

職場で電子レンジを使う時 6:05

Eメールのエチケット 6:13

レモンを絞る時 6:56

レストランでお持ち帰りを頼む時 7:11

結婚式に招待された時7:25

ソーシャルメディアのマナー  7:42

カップを正しく持つ 7:58

食べモノが熱かったり辛かったりするとき 8:28

#エチケット #エチケットミス #エチケットルール

概要:

– お手洗いにおけるエチケットに関して言えば、ドアが閉まっている場合は、ドアを開けないようにしましょう。誤って開けてしまったら、自分も中にいる人もかなり恥ずかしい思いをすることになります。

– 公衆トイレで化粧をしたり、髪を梳かしたりする場合は、ハンドドライヤーから一番離れたところで行うようにしましょう。そうしないと、手を乾かしたいだけの人を待たせることになってしまいます。

– テーブルの前に座っている時に、ようじを使うこともあまり好ましくはありません。何かが歯の間に挟まっていると思うなら、トイレに行って対処しましょう。

– 妊婦さんに席を譲ることは良いマナーとされています。しかし、太めの人を妊婦さんと間違えてしまった場合、気まずい状況に陥りますよね。

– 誰かと自撮りしたければ、仲のいい友達でも許可を取ってから行うべきです。写真を撮る準備時間を与えてあげましょう。

– 失礼なロゴや言葉がプリントされている洋服は着ないようにしましょう。そういったTシャツをジョークとして受け止める人もいますが、気分を害する人もいます。

– 空港の搭乗口エリアにいるとき、ゲートの周りに固まらないでください。また、スーツケースを受け取る際は、自分のスーツケースが見えてから、回転ベルトまで取りに行くようにしましょう。

-スピーカーで話す場合は、必ず相手にその旨と、部屋に他の人がいることを伝えましょう。仕事場でスピーカーを使って話す場合は、別の部屋へ行き、ドアを閉めてください。

– 仕事のメールはいつ送っても構いませんが、仕事関連のショートメッセージは、仕事開始時間1時間以上前、あるいは終了時間から2時間以降には、送らないようにしてください。

– 家族や友達と外食をしているのであれば、高級なレストランであっても、食べ残しを包んでもらえるようにスタッフに頼んでも構いません。しかし、ビジネスランチやディナーなどでは、絶対に行わないでください。

– スパイシーな料理を食べて、口が燃えるように感じることってありますよね。口を大きく開けて息を吸い込んだり、食べ物を吐きだしたりするのではなく、冷たい水、またはほかの飲み物をごくごく飲んでください。コレ、魔法みたいに効くもんですよ!

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です